ブラックブックのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

ブラックブック

5.005.00
映像
5.00
脚本
5.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
5.00
感想数
1
観た人
1

ブラックブックの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
映像
5.005.00
脚本
5.005.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

ブラックブックの感想

投稿する

ポール・バーホーベン監督が、彼の故国オランダで撮った、戦争と人間ドラマの傑作「ブラックブック」

この映画「ブラックブック」は、ポール・バーホーベン監督が、彼の故国オランダで撮った、戦争と人間ドラマの傑作だ。 全篇を貫くバーホーベン節が物語に絶妙の深みを与え、戦争の真実を描き、面白いの一言に尽きる映画だ。 この世には絶対的な善も絶対的な悪も存在しないし、人間は暴力的で猥雑で、しかも気高いという矛盾した存在なのだというバーホーベン節が炸裂していて、ドイツ人、オランダ人の区別なく、その見つめる視線は冷徹かつ真摯でさえある。 特に、諸行無常な終戦後の状況は、ドイツと同じく敗戦国の日本人として他人事ではない。 この物語の舞台は、1944年、ちょうど「遠すぎた橋」の頃のオランダ北部で、カリス・ファン・ハウテンが、オートミールに十字架を描いて掻き壊してみせるという、勝気なユダヤ人のヒロインを好演していると思う。 連合軍の勢力圏内へ脱出しようとしたところをナチス親衛隊の待ち伏せで、家族を虐殺されたヒロイン...この感想を読む

5.05.0
  • dreamerdreamer
  • 34view
  • 789文字

ブラックブックに関連するタグ

ブラックブックが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ