ニキータのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,679件

ニキータのあらすじ・作品解説

1990年フランスで翌年日本で公開されたリュック・ベッソン監督の映画である。 舞台は深夜のパリで薬物中毒の少年少女が薬欲しさに警官と銃撃戦になり一人生き残った少女が警官を射殺してしまう。警察に連行された少女がその際に名乗った名前が男性名のニキータで彼女の呼び名になった。彼女には終身刑が下り、ボブという政府の秘密警察官を名乗る男と出会い、別の人間として政府に雇われた暗殺者として訓練を受ける事になった。彼女は反抗しながらもめきめきと頭角を現していく。数年後の彼女の誕生日ボブにレストランに連れて行かれジョセフィーヌというコードネームと仮の職業を持たされ秘密訓練所の生活を終えた。街で一人暮らしをする事になりマルコという男性と恋仲に。それでも暗殺者としての仕事は与えられ、ある時、任務から戻ってきたらマルコには彼女の裏の顔を知っていること、それでも愛してると告げられる。マルコは彼女に裏の仕事を止める様奨められ一人逃亡する。マルコは追ってきたボブに彼女の置き土産を渡し行く末を託す。

ニキータの評価

総合評価
4.504.50
(2件)
映像
4.504.50
脚本
4.754.75
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ニキータの感想

投稿する

泣き虫ニキータ、肩が震えてる。

リュック・ベッソンが「レオン」より前に撮影した、女殺し屋・ニキータの物語です。「見込まれて」しまった彼女は、暗殺者として生きるか、死ぬかの二択を迫られ、暗殺者となるべく、厳しい訓練に放り込まれます。殺人のテクニックはもちろん、社会のはみ出し者として生きてきたニキータに、普通の女の子としてふるまうべく教育をほどこすシーンは、ヘンな例えになりますが「奇跡の人」を見ているような気にもなりました。訓練が終わり、任務の命令を待つ日常に入りますが、任務はいつも無茶ぶりばかり。高い能力で任務を全うするも、泣き崩れるニキータの姿が、ステレオタイプな暗殺者のイメージとは遠くかけ離れ、ついつい「この娘を幸せにするにはどうしたらいいんだろう」なんてことを考えてしまいたくなります。ジャン・レノが憎い役で登場しています。ニキータ=アンヌ・パリローの居住まい、表情がとても印象に残る映画です。この感想を読む

5.05.0
  • nyan_chunyan_chu
  • 59view
  • 387文字

ニキータの登場キャラクター

ニキータ

ニキータの名言

待つのは男の喜びよ

ニキータ

廃人同様だったニキータが人間らしさ女らしさに目覚め始め、長い時間をかけた化粧をしながら身支度し、強面のエージェントボブを待たせるシーンで傲慢に発するもの。

ニキータに関連するタグ

ニキータが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ