ロッキーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,555件

ロッキーのあらすじ・作品解説

この映画は、1976年のアメリカのボクシングの映画で、主演・脚本はシルヴェスタ・スタローンである。この映画は、第49回アカデミー賞作品賞と、第34回ゴールデングローブ賞ドラマ作品賞を受賞した。 あらすじは、フィラデルフィアで生活をしていた三流ボクサーである、ロッキー・バルボアは、本業のボクシングの賞金だけでは、生活する事が困難になり、ヤクザまがいの取り立て業をしていたのである。 うだつの上がらない生活をしていて、バルボアであるが、そのバルボアにも、生きがいがあり、それは恋人のエイドリアンであった。 ある日、ボクシングの世界チャンピオンである、ポロ・クリードの対戦相手が負傷して、偶然にもバルボアが選ばれるのである。 バルボアは、対戦当日、生卵を何個もカップに入れて、一気飲みをし、対戦相手と死にもの狂いの戦いを挑むのである。最後は互角の勝負になり、判定負けにバルボアはなるが、報道陣をかき分けて、「俺はやったぞ」と言う思いを込めて、恋人のエイドリアンの名前を叫び続けるのである。

ロッキーの評価

総合評価
4.134.13
(4件)
映像
4.004.00
脚本
4.134.13
キャスト
4.134.13
音楽
4.384.38
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

ロッキーの感想

投稿する

まさにこれがアメリカンドリーム

元気がない時に聞きたい曲NO.1『ロッキー』というとお決まりのあの曲です。トランペットと共に始まるこの曲は、サビがすこし遅めで始まるのですが、そこがまた良いのです。ロッキーのトレーニング風景と共に流れてくるこの曲は、不思議と力が湧いて来ます。なぜかガッツポーズをしたくなるのは、やはり映画の影響でしょうか(笑)。作曲をされたビル・コンティ氏はこの後も『ロッキー』シリーズを担当していますが、やっぱり『ロッキー』といえばこの「GonnaFlyNow」が真っ先に思い浮かびます。落ち込んだ時には必ずこの曲が聞きたくなります。スポ根とは違う私も、私の両親もスポーツはあまり得意ではなく、ボクシングの試合もテレビでたまに見る程度でした。しかし、両親がシルヴェスター・スタローンのファンだった事からこの『ロッキー』も見ました。正直に言うと最初はあまり見る気は起きませんでした。ボクシングには興味もなかったし、生卵をガバガバ飲...この感想を読む

4.04.0
  • yukiyukiyukiyuki
  • 4view
  • 2100文字
PICKUP

感想をもっと見る(4件)

ロッキーの登場キャラクター

ロッキー・バルボア

ロッキーの名言

相手は世界一だ。 最後のゴングが鳴ってもまだ立っていたら、俺がゴロツキじゃないことを生まれて初めて証明できる。

ロッキー・バルボア

ロッキーの世界挑戦が決まり就寝前に恋人エイドリアンに対し自らがゴロツキから足を洗う決意を伝えた言葉

ロッキーに関連するタグ

ロッキーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ