誰かに見られてるのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

誰かに見られてるのあらすじ・作品解説

誰かに見られてるは、1988年に公開されたアメリカ映画である。監督・製作総指揮は、「エイリアン」「ブレードランナー」「ブラック・レイン」のリドリー・スコット。脚本は、「薔薇の名前」「知らなすぎた男」のハワード・フランクリン。音楽は、「ダイ・ハード」「ロビン・フッド」のマイケル・ケイメン。撮影は「ドニー・ダーコ 」「運命のボタン」のスティーヴン・ポスター。出演者は、トム・ベレンジャー、ミミ・ロジャース、ロレイン・ブラッコ、ハーレイ・クロス。 ニューヨーク市警で働く刑事マイク・キーガンは、ブルックリンで妻と息子と幸せに暮らしていた。ある日、マイクは、友人が殺される現場を目撃して犯人に追われている、令嬢のクレア・グレゴリーの警護をすることになる。身分の違いがあり、妻子がいる身でありながらも、美しいクレアと次第に惹かれ合っていくのだった。犯人の手がマイクにも迫る中、妻とクレアの間で揺れ動いていくラブ・サスペンスである。 

誰かに見られてるの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

誰かに見られてるに関連するタグ

誰かに見られてるが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ