雨に唄えばのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

雨に唄えばのあらすじ・作品解説

雨に唄えばは、1952年アメリカ、1953年日本で公開されたMGM製作のミュージカル映画である。1952年アカデミー助演女優賞、ミュージカル映画音楽賞、また同年のゴールデングローブ男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞している。 この映画は、サイレント全盛期のハリウッドが舞台である。新しい時代のトーキーの波が押し寄せる中、その地位を脅かされつつある大スターカップルが強引にトーキー映画に出演することになるが、女優の致命的な悪声と、トーキーのノウハウの無さが露呈し、映画は危機的状況に陥る。そこで男優が新しい恋人にしようともくろむ新人女優を起用し、彼女の美声で映画を成功させ、なおかつプライドが高くわがままな現恋人の大女優をお払い箱にしようと様々なことを画策する物語である。 主演男優のジーン・ケリーが雨の中主題歌を唄いながら踊るシーンはこの映画の代名詞といえる名シーンである。 この作品は、アメリカ国立フィルム登録簿に1989年新規登録されている。

雨に唄えばの評価

総合評価
4.334.33
(3件)
映像
4.254.25
脚本
4.004.00
キャスト
4.504.50
音楽
5.005.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

雨に唄えばの感想

投稿する

雨に唄えばに関連するタグ

雨に唄えばが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ