朝霧の巫女のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,133件

朝霧の巫女

4.504.50
画力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
2

朝霧の巫女のあらすじ・作品解説

朝霧の巫女は、原作・宇河弘樹の伝奇マンガで、2000年から2007年にかけて少年画報社のヤングキングアワーズにて連載され、単行本としては全9巻が刊行されている。アニメ化もされており、2002年にテレビ東京系列にて全26話が放映された。 日本神話を題材として取り上げ、広島県三次市を舞台に巫女たちを中心に描かれるラブコメディ。 主人公の高校生・天津忠尋は、幼少期に過ごした三次市に引っ越すことになる。そこには物の怪が存在し、忠尋は幾度となく襲われるが、物の怪と戦う巫女三姉妹に救われる。 グッズ企画ではアニメと清酒メーカーという珍しいコラボレーションで、三次市の地酒をブレンドした清酒が生産され、三次市の酒店2店舗から発売された。売上金は三次市の町おこし事業の資金となった。なお、三次市で本アニメは2年遅れで放送された。 関連作品として主人公の祖父を中心に描かれる読み切りの短編集「妖の寄る家」全1巻・全10作品も刊行されている。

朝霧の巫女の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

朝霧の巫女の感想

投稿する

巫女装束で戦う姿がかっこいいです。

巫女装束の三人の女性が突然現れて一人の男の子の前に立ちはだかり、男の子を襲うとしていた妖怪みたいなものをズバッと倒すのですが、最初はいいきなり何があったのかと驚きました。読んでいくうちに大体の話の内容は理解したのですが、要は昔から知っている従兄弟の男の子がある日三人の女性、姉妹だったのですが彼女たちの前に現れます。男の子は何かに狙われているのでしょうか、一番最初には仮面をかぶった残念な男に襲われそして、日常茶飯事で妖怪みたいな化け物に襲われていました。男の子の左目に要因はありそうな雰囲気です。三人姉妹の女の子のうち、この男の子と同じ年の子がいるのですがこの子が主に守っている感じで腕前は本物のようです、三人姉妹のお母さんも出雲に出張するぐらいの腕前の巫女らしく、姉妹のお父さんは心の狭い人でした(笑)何が原因で男の子が襲われていくのか、そして男の子が割と病弱設定でこれからそれがどう響いていく...この感想を読む

4.54.5
  • 飛鳥飛鳥
  • 81view
  • 444文字

朝霧の巫女に関連するタグ

朝霧の巫女を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

朝霧の巫女が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ