サトラレのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

サトラレ

3.503.50
画力
2.50
ストーリー
4.00
キャラクター
2.00
設定
4.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

サトラレのあらすじ・作品解説

サトラレは、講談社が発行する漫画雑誌のイブニングにて掲載されていたSF作品である。作者は佐藤マコトであり、単行本は全8巻が発行されている。 主人公の西山幸夫は、先天性R型脳梁変性症という病気を患っており、自分の思っていることが周りの人間に伝わってしまうという病気を持つ。この病気を持つものは、総じてIQが高いという特徴を持つが、自分の病気を自覚したり、告知してしまうと、自らの思いが意思とは関係なく周囲に伝わってしまうことに苦悩するため、国家的に対策委員会を立てるほどの扱いを受けている。 幸夫はやがて対策委員会のメンバーである小松洋子と惹かれあい、結婚することになり、光という子供を授かることに。しかしこの病気は遺伝性があり、光にも幸夫と同じ病気が遺伝していることを周囲が知ると、お互いの関係性を考慮して西山と光を隔離することになる。 物語は病に苦しむ主人公の葛藤や苦悩、周囲の気遣いや人間模様を印象的に描いている。

サトラレの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
画力
2.502.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
2.002.00
設定
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

サトラレの感想

投稿する

天才たちとその世の中

簡単なあらすじ 心を読まれる能力人の心が読まれる能力を持つ人「サトラレ」とその心を読んでしまう人々の人間活劇です。心を読まれることを知ってしまった「サトラレ」はどういった反応を見せるのか。「サトラレ」は天才ゆえに政府によって「サトラレ」に心を読まれているということを知られないように行動するようにされている人々との間でのトラブルがなんとも面白い作品となっています。天才の中の天才が世界を決める?脳が以上に発達してしまったために人にテレパシーを送るほどの変異を遂げ、その副産物で天才となってしまう「サトラレ」。まず私はその天才の部分に注目しました。人間には普段使われていない部分のほうが多いといわれています。さらにそれを使うことで今の世の中でも超能力を使うことができるなどと言っている脳科学者もいるくらいです。私個人としては、バイオゲノムの科学が発達し、DNAが90%以上も判明している今天才は作れ...この感想を読む

3.53.5
  • iiharaiihara
  • 14view
  • 2109文字
PICKUP

サトラレに関連するタグ

サトラレが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ