G戦場ヘヴンズドアのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

G戦場ヘヴンズドア

4.504.50
画力
1.50
ストーリー
3.50
キャラクター
2.00
設定
2.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
4

G戦場ヘヴンズドアのあらすじ・作品解説

『G戦場ヘヴンズドア』は日本橋ヨヲコによる漫画作品である。月刊IKKIに2000年から2003年にかけて連載されていた青年漫画で、全18話、単行本は全3巻刊行されている。 1巻のみ大判コミックが存在するが、内容は通常版と同じである。 舞台は現代日本であり商業漫画の世界を戦場にたとえ漫画家の父を持つ青年・堺田町蔵と編集者の父を持つ青年・長谷川鉄男の葛藤・成長を中心に描かれている。 この作品のタイトルには様々な意味が込められている。「G」は漫画の画材である「Gペン」、「戦場」は「線上」とかけてある。そんな戦場で数少ない人間だけがたどり着ける境地が「ヘヴンズドア」という意味であるという。 2005年3月にNHKのFMラジオ番組『青春アドベンチャー』内で全10回、2週間の放送でラジオドラマ化された。境田は内野謙太、長谷川は大地泰仁が声優をつとめた。ちなみに脚本は吉村奈央子が、演出は城宝秀則が担当していた。

G戦場ヘヴンズドアの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
画力
1.501.50
ストーリー
3.503.50
キャラクター
2.002.00
設定
2.502.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

G戦場ヘヴンズドアの感想

投稿する

こんな熱い漫画を読んだことがあるか?!

漫画を描くモチベーションが発揮できない時に読んでみろ!漫画家を目指す漫画ってのは、たくさんあるよな。これもそのうちの一つだ。だけど、これはただ漫然と漫画家を目指す青春ドラマじゃない。一言で告げるならば、「情熱」。それと名言の宝庫。もしもあなたが、漠然と漫画家を目指す程度だったら、これを読めば「漫画業界でやっていくには、このくらいの熱意がなければダメなんだ!!」と気づかされるはずだ。漫画に限った話ではないが、どんな業界にも熱意がなければやっていけない。この漫画は、それを教えてくれる。下手な名言集を買って読むくらいならば、まずこれを買え!!多分この作品は、「世界で一番漫画を描く意欲を掻き立てる漫画」だと断言できるほどだと僕は思っている。そもそも僕がこの漫画を知ったきっかけは、2ちゃんまとめブログで「バクマンよりも熱い漫画」という噂を目にしたことが始まりだ。それを知ってから、思いつく限りの書...この感想を読む

4.54.5
  • 三原さん。三原さん。
  • 213view
  • 1295文字
PICKUP

G戦場ヘヴンズドアの登場キャラクター

猪熊宗一郎

よみがな:いのくま そういちろう

堺田澄子

堺田大蔵

キャラをもっと見る(4件)

G戦場ヘヴンズドアの名言

生かすべきは自分より面白いことを企んでくれる人間。 震えさせてくれるならさ、敵とか味方とか関係ないと思わない?

猪熊宗一郎

漫画家を目指す主人公が親友に才能の差で嫉妬し、優れた技術があるのにアシスタントしかしない先輩になぜ漫画を描かないのか聞いた時の、先輩の答え。

本当に面白いマンガはね、心が健康じゃないと描けないんだよ。

堺田大蔵

鉄男と堺田が組んで描いたマンガが新人漫画大賞に佳作で入選、授賞式で鉄男が尊敬するマンガ家、坂井先生に言われた一言。 坂井先生は、過去に母親の漫画が嫌いと言う一言で思いつめ、描いた漫画を捨てようとしている鉄男を目撃し、その漫画を譲り受けてから、鉄男をずっと気にかけていた(その際は、鉄男に正体は明かしていない

お前は天才かもしれねえ。 けど、それだけだ。 才能だとか、画力だとか、 プロはもうそんな所で生きてねぇ。

堺田町蔵

町蔵が鉄男のマンガを読んだ感想を伝えるシーン

名言をもっと見る(4件)

G戦場ヘヴンズドアに関連するタグ

G戦場ヘヴンズドアを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

G戦場ヘヴンズドアが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ