新・星の金貨のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

新・星の金貨

3.903.90
映像
3.30
脚本
3.90
キャスト
3.50
音楽
3.50
演出
3.00
感想数
1
観た人
1

新・星の金貨のあらすじ・作品解説

新・星の金貨は、2001年4月25日から6月27日にかけてNTV系列の「水曜ドラマ」枠にて放送された日本のテレビドラマである。 主人公の耳と口が不自由な少女を星野真里、東京の大学生でダイビングサークルに所属している男性・村岡一樹を藤原竜也が演じた。また、他の出演者に奥菜恵・吉沢悠・高杉瑞穂・榎木孝明・小西真奈美・大杉漣・吉田日出子などの豪華キャストが起用されている。 原案:野島伸司、脚本:武田菜穂、音楽:溝口肇、演出:吉野洋、倉田貴也、若松央樹、オープニングテーマ:「ガラスの翼」星野真里、イメージソング:「愛してると言う前に」松田博幸が担当している。 沖縄の孤島に生まれ育った、森田まひる(星野真里)は、生まれつき耳が聞こえない、声を発することができなかった。また、5歳の頃に母親と生き別れているなど、不幸な過去をもつ少女は、毎日をけなげに生きていればいつか東京で暮らしている母親と会えると思いつらい日々を送っていたところ…。

新・星の金貨の評価

総合評価
3.903.90
(1件)
映像
3.303.30
脚本
3.903.90
キャスト
3.503.50
音楽
3.503.50
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

新・星の金貨の感想

投稿する

泣ける。

話題になった星の金貨のリメイクドラマ。見るまではどうなんだろ~と半信半疑でしたが、いざ見てみると以外とはまると思います。元々の星の金貨が好きだったから、新しいキャストに不安だったけど、星野真里さんがまぁまぁな演技だったのでそこまで抵抗なく見れました。ただ逆に耳が聞こえないという難しい役ですが、あまりにリアルな演技すぎてちょっと見ていて辛く感じる時もありました。主人公の恋愛模様を描いていますが、実際はこんなにキレイな話があるのかと思ってしまう部分もあり面白いか面白くないかは微妙なところではあるけど、泣けるシーンも沢山あるのでドラマで泣きたい人にはいいと思います。ただ笑えるシーンはほとんど無いので、常に静かに進んでいくといった感じなので、明るいドラマではないですね。でも障害者をテーマにするドラマはあまりないので、社会的にはとてもいいのではないかと思います。同情とかそういうのではなくて、素直...この感想を読む

3.93.9
  • foomyfoomy
  • 150view
  • 521文字

新・星の金貨に関連するタグ

新・星の金貨を観た人はこんなドラマも観ています

新・星の金貨が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ