サキのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

サキ

4.504.50
映像
4.00
脚本
4.33
キャスト
4.83
音楽
3.83
演出
4.50
感想数
3
観た人
5

サキの評価

総合評価
4.504.50
(3件)
映像
4.004.00
脚本
4.334.33
キャスト
4.834.83
音楽
3.833.83
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

サキの感想

投稿する

立体的映像効果で味わう、切なくも耽美で巧妙な心理操作復讐劇

徹底的な心理操作の巧妙さ2011年に放映された「美しい隣人」の製作スタッフが再結集して製作された本作品。「美しい隣人」の続編か?と思いきや、ストーリー的にはそういうことではなく、ただ、一部共通点などもあったりして、もうひとつの復讐劇、といったところだろうか。いずれにしても「美しい隣人」と同様、個人的にはとても好きな作品のひとつだ。仲間由紀恵さん演じる今回の「サキ」は、人物像も復讐の原因も、前回の「沙希」とはだいぶ違う。 前回の「沙希」が心の闇から生じる病的な逆恨みだったのに対し、今回の「サキ」は、不遇な生い立ち、という点は同じかもしれないが心の病による病的な逆恨み、というよりも、ある意味健全(?)な、というか、ストレートな復讐心、という感じ。家庭の事情で捨て子に出され、育ての親からも愛されず、不遇な環境で育った「サキ」は 生みの母を慕い続け、念願かなってやっと再会が果たせるというその日に ...この感想を読む

4.54.5
  • たまこたまこ
  • 78view
  • 2685文字
PICKUP

優しい人の壊し方

記者として働く隼人には生き別れになった姉がいた。両親はすでに他界しており、隼人は自分の記事で姉を探そうとしていた。その記事を読んで1人の女性が名乗り出る。姉のサキは小児科でナースとして働いている。心優しく美人でいかにも白衣の天使。サキは患者の子供たちからも、同僚たちからも慕われていた。そんなサキだが、彼女には裏の顔があったのだ。サキは偶然を装いながら、5人の男たちと出会っていく。しかしその男たちの職業は様々で何一つとして共通点は見当たらない。サキは次々と男たちに近寄り、心の弱く柔らかい部分につけこんで、優しく自殺や犯罪などに追い込んでいく。そして彼らは誰もサキを恨まず、なぜ自分にサキが近寄ったのかわからないままだ。隼人はこの不審な事件たちにサキが関わっていたことに気づいてしまう。仲間達と一緒に事件を探っていくうちに、自分自身もターゲットということに気付いてしまう。サキは本当の母親の死に男...この感想を読む

4.04.0
  • まいぴんまいぴん
  • 35view
  • 607文字

怖い…

主人公のさきの悲しく切なくも、本当に怖ろしい話。見るのもゾクゾクして怖いが、気になって気になって…どんどんのめり込んでしまう話だ。さきの子どもを引きつける方法は半端ないとは思うが、自分がもし子どもの立場だった場合、さきは優しくもその笑顔には裏がある気がして怖くて仕方ないと思う。でも、そこは子ども。優しくしてくれる、好きなおもちゃを用意してくれる…それだから、その人が好きになってしまうんだろうな。。子どもは素直だから、自分のことを好きになってくれると、その人を好きになる。愛した分だけ愛が帰ってくる。そんな子どもを失ったさきの悲しみーーそれは経験した人にしか分からないものなんだろう。。でも、それで人の子どもを自分の子どものように操り、自分にはないその家族をグチャグチャにしようとする、羨む気持ちはわかるが人生それでいいのであろうか…。。友だちの子どもが成長していく姿は失った自分の子どもと照ら...この感想を読む

5.05.0
  • このこのこっちこのこのこっち
  • 21view
  • 519文字

サキの登場キャラクター

網浜サキ

よみがな:あみはまさき 生年月日:1980年1月23日 性別:女性 国籍:日本 特徴:礼儀正しく心優しい美女 特技:料理・読心術 トラウマ:両親に捨てられる 出身:静岡県静岡市清水区 職業:看護師 実家:開業医

新田隼人

よみがな:にったはやと 生年月日:1987年生まれ 年齢(作品時):26歳 性別:男性 国籍:日本 所属:アドバンス・プレス 性格:気さく 物語上での目的:生き別れた姉を探す 職業:記者 姉:サキ

サキの名言

相手にとって魅力のある人間であり続けるしか、ひとをつなぎとめることは できないのかもしれない。

網浜サキ

夫の浮気を恐れる妻に、主人公が言い聞かせた言葉。

サキに関連するタグ

サキを観た人はこんなドラマも観ています

サキが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ