鎧伝サムライトルーパーのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

鎧伝サムライトルーパー

3.503.50
映像
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
声優
3.50
音楽
4.00
感想数
1
観た人
1

鎧伝サムライトルーパーのあらすじ・作品解説

鎧伝サムライトルーパーは、1988年4月30日から1989年3月4日まで放送されたTVアニメーションである。 制作はサンライズで、全39話放送された。 突如、新宿副都心の高層ビル群の中央を割って、現代を殺戮と破壊に満ちた戦乱の世に変え、人類すべてを支配しようとする妖邪界の阿羅醐が現れた。阿羅醐は強大な4大魔将と妖邪兵を操り、あっという間に東京を支配下に置いた。だが、その時である。サムライトルーパーの5人の戦士「烈火のリョウ」「水滸のシン」「光輪のセイジ」「金剛のシュウ」「天空のトウマ」が現れる。5人はいにしえより伝えられる最強の鎧、ヨロイ・ギアを装着し、その強大な力と必殺技で妖邪帝国に立ち向かう。 放送終了後にOVAも制作され、外伝(全2話)、輝煌帝伝説(全4話)、MESSAGE(全5話)の3作品がある。 主要キャラクター5人のビジュアルも人気になった作品で、女性ファンを数多く獲得した作品でもあった。

鎧伝サムライトルーパーの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
声優
3.503.50
音楽
4.004.00

評価分布をもっと見る

鎧伝サムライトルーパーの感想

投稿する

日本人はやはり和がスキ

 歴女を生み出したのはこの作品なのではないか、と思わせる新しいタイプの戦隊アニメだと思う。とはいえかなり色んな分野物語がミックスされていて、どの部分を注目したらいいのかは迷うところ。あらすじは一般的なもので、妖邪帝王・阿羅醐を倒すために5人の勇士が鎧擬亜を装着して戦うという単純明快。見どころは5人の美少年たち。いや敵方の4人の魔将たちも美形なので、子供たちよりも腐女子がこぞって見ていた。里見八犬伝の珠と同じく仁義礼智信忠悌孝忍の戦士としてキャラつけし、また祖先には戦国武将、真田、毛利、伊達、羽柴、義経(ジンギスハン)としたことが大いに萌え処だろう。戦いの場所や出身地が日本各地で、なじみやすいのと聖地が多くて巡礼する楽しみが多いのもこのアニメのいいところ。ザ・日本という桜や鎧や刀がいっぱいで和テイストが見直されてよかったと思う。戦いの合間の少年たちのエピソードなどは本編では少ないが、OVAな...この感想を読む

3.53.5
  • ゆかのんかゆかのんか
  • 40view
  • 590文字

鎧伝サムライトルーパーに関連するタグ

鎧伝サムライトルーパーを観た人はこんなアニメも観ています

鎧伝サムライトルーパーが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ