赤い羊の刻印のあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

赤い羊の刻印

4.504.50
画力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
2

赤い羊の刻印のあらすじ・作品解説

赤い羊の刻印は、花とゆめ(白泉社)にて連載された由貴香織里による日本の少女漫画。5部作からなる「伯爵カインシリーズ」の第四部である。コミックスは全2巻。また完全版「伯爵カインコレクション」の第2巻、文庫版「伯爵カイン」の第2巻としても刊行されている。 舞台は19世紀後半、ヴィクトリア時代のイギリスのロンドン。巷では売春婦が殺害される切り裂きジャック事件が再び起こっていた。主人公の青年カインは、後見人であるニールおじさんに身を固めるように勧められる。 婚約者のエメラインに会うためにローダーデイル家を訪ねると、そこには美しく成長したエメラインと原因不明の精神退化をしてしまった彼女の兄ギルフォードがいた。その晩のパーティーでカイン達は美女の占い師メレディアーナに出会い、お互い一瞬で惹かれあう。その後エメラインは切り裂きジャックに殺害されてしまい、復讐を誓うカインの前に次々と意外な事件が降りかかっていく。

赤い羊の刻印の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
画力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

赤い羊の刻印の感想

投稿する

赤い羊の刻印に関連するタグ

赤い羊の刻印を読んだ人はこんな漫画も読んでいます

赤い羊の刻印が好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ