魔界レストランのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

魔界レストラン

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
5.00
設定
5.00
演出
5.00
感想数
1
読んだ人
1

魔界レストランの評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
5.005.00
設定
5.005.00
演出
5.005.00

評価分布をもっと見る

魔界レストランの感想

投稿する

魔界への入り口はあなたのすぐそばにも

良いことを行うと家に帰ることができるむかし、幼い子どもがまるで消えてしまったかのようにいなくなることを「神かくし」といっていました。その原因としては、天狗が連れ去ったと言われていることが多かったようです。ここで天狗の「神かくし」にあった子どもたちは、無事に家に戻ってきます。帰らせてもらえた理由としては、よく働いたから・楽しませてくれたからと天狗の喜ぶことをしたからのようです。天狗は時に、自分の弟子にするために子どもたちをさらうこともあります。ここに紹介されている「てんぐこぞう寅吉」は天狗の弟子になった子どもの話で、この話のもとになっているのは平田篤胤の「仙境異聞」といわれる物語です。篤胤本人は実話として発表しましたが、ほかの学者からは嘘だという声もあったようです。時間の流れがちがう魔界と現世むかし話の中でも「浦島太郎」のように、竜宮では数日間を過ごしただけなのに、家(故郷)に戻ると何百...この感想を読む

5.05.0
  • mika...mika...
  • 44view
  • 2005文字
PICKUP

魔界レストランに関連するタグ

魔界レストランが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ