船乗りクプクプの冒険のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,318件

船乗りクプクプの冒険

4.004.00
文章力
3.50
ストーリー
3.50
キャラクター
4.00
設定
3.00
演出
3.50
感想数
1
読んだ人
1

船乗りクプクプの冒険のあらすじ・作品解説

『船乗りクプクプの冒険』は1962年に発表された北杜生の児童向け小説である。奇想天外な楽しいストーリーの中に、文明批判や人間のあるべき姿などが記されており、児童文学の名作として評価が高い作品。 勉強嫌いの少年がふと手に取ったキタ・モリオ氏の「船乗りクプクプ」という小説は、全部で4ページしかない本だった。ところが、彼はいきなりこの本に吸い込まれてしまい、主人公のクプクプになってしまう。訳が分からぬまま、少年は船に乗り、冒険の旅に出る。ある島に上陸した時、元の世界に戻るためには、物語の中を逃げ惑うキタ・モリオ氏を探し出して続きを書いてもらわなくてはいけないことに気づく。また船旅に出た少年は別の島でキタ・モリオ氏に出会うことができたが、本当は優しい原住民たちに捕まってしまったり、やっと出会えたキタ・モリオ氏がまた逃げ出してしまったり、冒険はなかなか終わらない。けれど、すっかり冒険に慣れ親しんだ少年は、キタ・モリオ氏を追いかける新たな旅を始める。

船乗りクプクプの冒険の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
3.503.50
キャラクター
4.004.00
設定
3.003.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

船乗りクプクプの冒険の感想

投稿する

船乗りクプクプの冒険に関連するタグ

船乗りクプクプの冒険を読んだ人はこんな小説も読んでいます

船乗りクプクプの冒険が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ