神様の裏の顔のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

神様の裏の顔

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
5.00
設定
4.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

神様の裏の顔の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
5.005.00
設定
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

神様の裏の顔の感想

投稿する

神様の裏の顔 第34回横溝正史ミステリ大賞受賞作レビュー

神様のような人だったと通夜にて故人をしのぶ参列者たちの気になるワード葬儀社員:喪服姿だからなおそそられるよなあ。あんな美貌で涙流されたら、思わず抱きしめたくなっちゃうよなあ。筆者:うーむ、私も葬儀社でバイトがあったらやろうかな。喪服かあ・・・いいかも。斎木直光:というか根岸の通夜なんていくもんか。百万円積まれたって行くもんか。いや、待てよ。百万円なら行っちゃうな。一万円積まれたって行くもんか。筆者:逆に参列代行みたいなことをすれば儲かるかもしれませんね。この罰当たり目が!と自分に突っ込む。成績は学年の上位十人にはいるほどだった。なのにテストの回答を白紙で出したり・・・筆者:こういうやつ私の高校時代にもいたわ、マジ嫌い。こないだスーパーの酒屋でバイトしているのを見かけた。仮面浪人までして大学に行ってたのに・・・小説の話に戻ります。根岸義法:俺はロリコンだったのだ。不幸にも教職についてから...この感想を読む

4.54.5
  • akkunakkun
  • 41view
  • 3020文字
PICKUP

神様の裏の顔に関連するタグ

神様の裏の顔が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ