プシュケの涙のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

プシュケの涙

5.005.00
文章力
5.00
ストーリー
5.00
キャラクター
4.50
設定
5.00
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
1

プシュケの涙のあらすじ・作品解説

プシュケの涙は、柴村仁の作品で、メディアワークス文庫から2010年2月25日に販売された小説である。 今作品は、自殺した少女の謎を解き明かすために二人の少年が真相を解き明かそうとするストーリーである。 夏休み。女子高生・吉野が校舎の4階から飛び降り自殺した。その頃、夏休み中の補修に出席していた榎戸川は、窓の外を落ちていく様子を見てしまった。事件後、吉野の死が葬り去られようとしていた時、少女と同じ美術部の由良彼方と榎戸川が出会う。 吉野は登校拒否状態であったが、ひそかに美術部に通っており蝶の絵を描いていたというのだが、絵は未完成であった。未完成の絵を残したまま自殺するのだろうか、本当に自殺だったのだろうか。現場を目撃した榎戸川と、何を考えいているかわからないと評判の変人・由良が真相解明に動き出す。 吉野はどんな女子高生で、誰と付き合いがありどんな生活をしていたのか、そして死の背景には何があるのか。その真相とは一体!?

プシュケの涙の評価

総合評価
5.005.00
(1件)
文章力
5.005.00
ストーリー
5.005.00
キャラクター
4.504.50
設定
5.005.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

プシュケの涙の感想

投稿する

プシュケの涙の登場キャラクター

由良彼方

よみがな:ゆらかなた

プシュケの涙の名言

話題のテレビドラマが始まって終わる間に、日本のどこかで三人の人間が自殺してても、計算の上では別に不思議じゃないってことになる。

由良彼方

同じ部員の子が自殺をしてしまいそれが本当に自殺だったのかを飛び降りる瞬間を目撃した榎戸川に由良が何か情報を聞き出そうとしているとき。

プシュケの涙に関連するタグ

プシュケの涙を読んだ人はこんな小説も読んでいます

プシュケの涙が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ