任侠ヘルパーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

任侠ヘルパー

4.304.30
映像
3.90
脚本
4.00
キャスト
4.40
音楽
3.75
演出
4.00
感想数
2
観た人
2

任侠ヘルパーの評価

総合評価
4.304.30
(2件)
映像
3.903.90
脚本
4.004.00
キャスト
4.404.40
音楽
3.753.75
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

任侠ヘルパーの感想

投稿する

現代日本の絶滅危惧種、不器用で優し過ぎて泣ける。

主人公は、今時いない、絶滅危惧種「弱気を助け、強きをくじく」という信念をもつ男である。口は悪いが、本当の意味で弱い人の為に身を削り、強い者に立ち向かっていくことの出来る、日本で暮らせないくらい優しい人間だ。どんなに自分に余裕があろうが、彼のような行動ができる日本人などいない。こんな不器用で、よく生きていけるなと思わされる。悲しい、報われない彼の生きざまが描かれた作品であるが、どこか心洗われるような感動を覚える。それと同時に、彼のような日本人を求める心が生まれてくる。荒んだ現代日本にいると、彼氏がいようが家族がいようが守ってくれる人など誰もいない。皆が自分を守る事だけに必死である。そんな中で、主人公のような男性が現れたら、と夢見てしまう。本当にいる訳はないが、映画でくらいこんな人情に厚い良い男がいてもいいのではないかと思ってしまう。昔の特攻隊で亡くなっていった人や戦争を経験した人でないと...この感想を読む

3.63.6
  • 轟
  • 15view
  • 579文字

任侠ヘルパーの登場キャラクター

翼彦一

任侠ヘルパーの名言

みんな小せぇんだよ。けどよ、なんとか必死になって行きていくしかねぇだろ。大事なもん失ってもよ、生きていくしかねぇだろ。極道だろ、諦めんなよ!

翼彦一

大事な人を失って、自分は小さいと嘆く四方木りこに対して言ったセリフ

任侠ヘルパーに関連するタグ

任侠ヘルパーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ