男たちの大和/YAMATOのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

男たちの大和/YAMATO

4.504.50
映像
5.00
脚本
3.50
キャスト
5.00
音楽
3.00
演出
2.00
感想数
1
観た人
1

男たちの大和/YAMATOの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
5.005.00
脚本
3.503.50
キャスト
5.005.00
音楽
3.003.00
演出
2.002.00

評価分布をもっと見る

男たちの大和/YAMATOの感想

投稿する

大和乗組員の心を魂で演じ切る豪華キャスト!

6億円の製作費と映像の美しさに惹かれて観たのだが、戦争映画の難しさを改めて感じる結果となった。日本が国の威信を掛けた奇跡の不沈戦艦が一瞬で沈むという、ただでさえドラマ性の強い題材だ。錚々たる顔ぶれの豪華俳優陣や、精巧に作られた戦艦大和のレプリカが素晴らしかっただけに、全体のバランスの悪さが際立った。ドキュメンタリー風の回想シーンで始まるオムニバスは『あの大戦と戦艦大和の物語は、決して遠い過去のものではないのだ』という製作者のメッセージかと解釈すれば、ずいぶん強引な演出だと反発を感じたし、スムーズに感情移入ができないままドラマが進み、最後に向える戦闘シーンだけが不自然に、悲惨な見せ場として浮き上がり、ただグロテスクに映ったことが悲しかった。軽い現代ドラマのような成り行きの戦争映画に、現代的な主題歌が逆効果となっていたのも残念だった。とはいえ、実力派俳優たちの白熱の演技にはとても感動したし、...この感想を読む

4.54.5
  • NaraNara
  • 41view
  • 714文字

男たちの大和/YAMATOの登場キャラクター

臼淵磐大尉

男たちの大和/YAMATOの名言

日本は精神主義を重んじてきた。薩英戦争で負けた薩摩が幕府を倒した。敗れて目覚めるそれ以外に日本が救われる道はない。

臼淵磐大尉

死ぬことに対しての意義をみんなで説いていた。

敗れて目覚める、それ以外に日本が救われる道はない。 今、目覚めずして、いつ救われる。 俺たちは日本が新しく生まれ変わるために、その先駆けとして散る。 まさに本望じゃないか。

臼淵磐大尉

死ぬとわかっている同士に対してなぜ我々が死ぬのかという定義について述べていた。死ぬ意味について述べていた。

男たちの大和/YAMATOに関連するタグ

男たちの大和/YAMATOが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ