アメリカン・サイコのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アメリカン・サイコのあらすじ・作品解説

アメリカン・サイコは、ブレット・イーストン・エリス原作の同名小説をメアリー・ハロン監督が完全映画化した作品でR-15指定されている映画である。脚本:メアリー・ハロン/グィネヴィア・ターナー、製作:エドワード・R・プレスマン/クリス・ハンリー/クリスチャン・ハルシー・ソロモンが担当した。 2000年4月14日アメリカ・2001年5月3日に日本で公開された。 1980年代のニューヨーク。27歳のパトリック・ベイトマンはウォール街の一流企業で働いていた。高級マンションに住んでおり、エクササイズやブランド物を買い占めるなど完璧な生活を求めていた。美人な婚約者もいるパトリック・ベイトマンであったが、心の中に深い闇があり、突然襲ってくる衝動によって夜の街に出かけては、ホームレスや娼婦を次々と殺害していた…。 パトリック・ベイトマン:クリスチャン・ベール、ドナルド・キンボール:ウィレム・デフォー、ジーン:クロエ・セヴィニー等がキャスティングされた。

アメリカン・サイコの評価

総合評価
4.004.00
(6件)
映像
4.004.00
脚本
3.903.90
キャスト
4.504.50
音楽
4.104.10
演出
4.204.20

評価分布をもっと見る

アメリカン・サイコの感想

投稿する

感想をもっと見る(6件)

アメリカン・サイコの登場キャラクター

パトリック・ベイトマン

よみがな:パトリック・ベイトマン 性別:男性 国籍:アメリカ 住まい:アッパー・ウェスト・サイド 所属:ウォール街の投資銀行P&P 性格:ヤバすぎる ポリシー:俺が一番 特徴:美意識が高い 特技:快楽殺人 好きな食べ物:流行りの一流レストランのメニュー

アメリカン・サイコに関連するタグ

アメリカン・サイコが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ