ビートルジュースのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ビートルジュース

4.004.00
映像
4.00
脚本
4.50
キャスト
4.50
音楽
4.50
演出
4.50
感想数
1
観た人
1

ビートルジュースのあらすじ・作品解説

1988年公開のアメリカ映画で、「シザー・ハンズ」「ナイトメアー・ビフォア・クリスマス」のティム・バートン監督によるスラプスティック・ホラー・コメディである。 田舎の小さな一軒家で幸せに暮らしていたアダムとバーバラは、突然の事故で死亡。だが、死を受け入れられずにその家に憑くことに。 新たに入居してしまった3人家族を追い出そうと苦心惨憺するが、新人幽霊なのでうまくいかず、ついに助っ人として、けして呼び出してはいけないと死後の世界のケースワーカーにクギを刺されていたビートル・ジュースを呼び出してしまい…というストーリー。 白塗りの厄介なおっさん怪人ビートルジュースに「バットマン」のマイケル・キートン、アダムにアレック・ボールドウィン、バーバラに「ザ・フライ」「テルマ&ルイーズ」のジーナ・デイヴィス、引っ越してきた家族のゴスっ娘にウィノナ・ライダーと個性的なキャストが揃い、アメリカでは興行成績4週連続トップの大ヒットとなる。 ちなみにビートルジュースとは”ベテルギウス”のことである。

ビートルジュースの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ビートルジュースの感想

投稿する

ビートルジュースに関連するタグ

ビートルジュースが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ