GOTHのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,114件

GOTH

3.503.50
画力
4.00
ストーリー
3.00
キャラクター
3.50
設定
4.50
演出
4.50
感想数
1
読んだ人
2

GOTHのあらすじ・作品解説

GOTHは、作家乙一の小説を、漫画家の大岩ケンヂがコミックス化した作品である。小説版は、「夜の章」「僕の章」「モリノヨル」の三冊が刊行されているが、漫画版ではこの中から「リストカット事件」「暗黒系」「土」「記憶」の4つのエピソードだけが描かれている。 人間の暗黒部分に強く惹かれる主人公の僕と、その親友の森野夜。この二人が、奇妙な因縁で猟奇的な犯罪に遭遇していく。連日マスコミを賑わせている連続殺人事件に関係すると思われる犯人の手帳を偶然拾った森野夜は、僕と一緒に未発見の死体を見つけようとするのだが… 漫画版は、原作に忠実に描かれており、原作ファンからの評価も高い。原作は、2003年の「このミステリーがすごい」で2位にランクされており、ミステリーとしての評価も高い作品である。 コミックス版は、2003年5月30日に刊行され、2011年11月02日には読者からの要望にこたえる形で電子書籍化もされている。

GOTHの評価

総合評価
3.503.50
(1件)
画力
4.004.00
ストーリー
3.003.00
キャラクター
3.503.50
設定
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

GOTHの感想

投稿する

GOTHの登場キャラクター

神山樹

GOTHの名言

僕は"普通"とは違う だから隠さなければならない

神山樹

冒頭3ページ、友人と遊びに行く際に回想するシーンで神山がこう述べている。 誰もが違う部分を持っているが自分が違うのではなく、異常である事を暗に示している一言。

GOTHに関連するタグ

GOTHを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

GOTHが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ