白いドレスの女のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

白いドレスの女のあらすじ・作品解説

「白いドレスの女」はローレンス・カスダンによる初監督作品で1981年に制作されたアメリカ映画である。主演ネッド・ラシーンにウィリアム・ハート、白いドレスの女マティ・ウォーカーにキャスリーン・ターナー。ストーリーはその年に異常気象となった暑いフロリダ。弁護士のネッドの頭には白いドレスの女の影が離れないでいた。海岸沿いで出逢ったセクシーな謎の美女マティに一目で惹かれてしまう。どうしても彼女のことが忘れられないネッドは、彼女の言葉を元に自宅を探し当ててしまう。彼女には資産家でずいぶん年上の夫がいることを知るが、夫の留守中に会うようになり情事を重ねるふたり。やがて二人は夫の殺害計画を企て、事件へと巻き込まれていく。悪女に翻弄されていく男の姿を描いた作品。視覚と聴覚を刺戟するエロティックな演出、後に多くの作品で活躍するキャスリーン・ターナーのデビュー作でもあり、官能的な大人の女の魅力とともに、ビリー・ワイルダー監督の映画「ファム・ファタール」にも影響を受けたとされるサスペンス映画の傑作。

白いドレスの女の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.504.50
音楽
4.504.50
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

白いドレスの女の感想

投稿する

狂おしいほどの妖しさと流麗なタッチの映像が観る者のハートを熱くする、官能美あふれるサスペンスの秀作 「白いドレスの女」

この映画の原題は「BODY HEAT」。この映画の素晴らしさは、全てこの言葉に集約されていると思う。我々観る者のハートを熱くさせるほどの官能美が、この映画の全編を通してたち込めているのです。この「白いドレスの女」の作品の完成後、監督、脚本のローレンス・カスダンは会心の笑みを浮かべたに違いありません。舞台となるのは、真夏のフロリダ。事件の起こったその年の夏は、特に蒸し暑かったという、滑り出しの設定が抜群にいいと思います。主人公の弁護士(ウィリアム・ハート)は、親友の検事とともに、いきつけのコーヒー・ショップで、暑さを嘆いていた。原題は「BODY HEAT(熱く火照った体)」だが、滑り出しのこのシーンが、この映画のラストを暗示します。暑さに耐えきれず、涼しさを求めて海岸の野外コンサートに出かけた弁護士は、そこで白いドレスを着た女と出会います。栗色の長い髪の毛をした女(キャスリーン・ターナー)は、弁護士を誘うかのよ...この感想を読む

4.54.5
  • dreamerdreamer
  • 89view
  • 2022文字
PICKUP

白いドレスの女に関連するタグ

白いドレスの女が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ