アルタード・ステーツ/未知への挑戦のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アルタード・ステーツ/未知への挑戦

1.501.50
映像
3.50
脚本
3.50
キャスト
3.50
音楽
4.00
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

アルタード・ステーツ/未知への挑戦のあらすじ・作品解説

アルタード・ステーツ/未知への挑戦は、1979年に制作された映画で、ケン・ラッセル監督作品である。主演はこれが映画デビュー作となるウィリアム・ハートとブレアー・ブラウン。 精神心理学者エドワード・ジェサッブは、人類進化の起源を探るための研究・実験を行っている。具体的には、幻覚作用を持つ薬物を用いた上でアイソレーション・タンクと呼ばれる装置に入り、感覚の遮断を行うことによって細胞の記憶を辿ろうと試みていた。その研究の最中に出会った人類学者のエミリーと結婚した彼は、研究を中断。二人の間には娘が誕生する。しかし、研究を諦めきれない彼は、家族と別れてメキシコへ向かい、禁断の幻覚剤を手に入れ、更なる実験を行うのだが……。 幻覚剤によるトリップ、そして映画の後半で実験がもたらす肉体の変化を表現する映像・音楽が印象深いSFカルト映画である。 映画に登場するアイソレーション・タンクは実在する装置であり、それを開発したジョン・C・リリー博士及びその研究が、この映画のモデルとされている。

アルタード・ステーツ/未知への挑戦の評価

総合評価
1.501.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
3.503.50
音楽
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

アルタード・ステーツ/未知への挑戦の感想

投稿する

アルタード・ステーツ/未知への挑戦に関連するタグ

アルタード・ステーツ/未知への挑戦が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ