キャバレーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

キャバレーのあらすじ・作品解説

キャバレーは1971年に製作・1972年に公開されたアメリカのミュージカル映画。 1966年に舞台で上映された同名ミュージカルを映画化した作品である。 製作会社はメトロ・ゴールドウイン・メイヤーで配給元はアライド・アーティスト(アメリカ)と20世紀フォックス(日本)が担当。 「スイート・チャリティー」のボブ・フォッシーがメガホンを取り、ミュージカル女優として多数活躍していたライザ・ミネリが主演を務める。 また、1972年度第45回アカデミー賞では主演女優賞を含む8部門が受賞したほか、英国アカデミー賞でも受賞を獲得している。 アメリカでの興行収入は4270万ドル。 この作品は1930年代のドイツ・ベルリンを舞台に、キャバレーでスターを夢見る少女のサリーとイギリスから来独したブライアンという学生が恋に結ばれるという内容である。

キャバレーの評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

キャバレーに関連するタグ

キャバレーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ