コドモのコドモのあらすじ/作品解説

理解が深まる漫画レビューサイト

漫画レビュー数 3,122件

コドモのコドモ

4.004.00
画力
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
3.00
感想数
1
読んだ人
1

コドモのコドモのあらすじ・作品解説

「コドモのコドモ」は2004年5月から「漫画アクション」に連載されたさそうあきらによる漫画作品である。単行本は全3巻で既に完結している。 東京に住む小学5年生の女の子、持田春菜が性に関する知識もないまま同じクラスメイトのヒロユキと「くっつけっこ」という遊びをして妊娠してしまうところから物語が始まる。春菜の妊娠はだんだん友達や家族にばれ、広まってゆく。主人公の担任をつとめている八木希代子が保護者のバッシングと闘い、児童や周囲の人間と向き合っていく姿も描かれている。作中では一貫して「未成年の出産」「性」といったデリケートなテーマを扱っている。 本作は実写で映画も制作され、2008年9月27日に公開された。主人公の持田春菜を子役の甘利はるなが演じた。 彼女は第82回キネマ旬報ベスト・テン新人女優賞、第23回高崎映画祭最優秀新人女優賞に選ばれた。 本映画も映画館大賞「映画館スタッフが選ぶ、2008年に最もスクリーンで輝いた映画」第62位にランクインした。

コドモのコドモの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
画力
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

コドモのコドモの感想

投稿する

好奇心旺盛な子どもの危険を考える

平均的に女の子が初潮を迎えるのは12歳ごろ。早い子では、小学4.5年生に初潮を迎える女の子もいます。「初潮を迎える」ということは、「妊娠できる身体に準備が整った」ということ。まだまだ子どもと思っているご自身の子どもに性教育はどうされていますか。主人公の女の子はやんちゃな元気いっぱいのどこにでもいるような小学生です。小学校高学年になると、男子と女子の体つきも異なり、お互いに意識をしたり、興味を持ったりします。好奇心旺盛だからこそ、取り返しのつかないこともあります。主人公の女の子は、幼馴染の男の子と、面白半分で性器同士を「くっつけて」しまいます。そのことで、妊娠してしまうのです。現代、性行為の低年齢化が問題視されています。学校でも一応「性教育」は保健の授業でありますが、真剣に聞いているものなら周りからひやかされてしまい、恥ずかしくなるので、あまり真剣に聞いている生徒は正直少ないと思います。家庭で...この感想を読む

4.04.0
  • /sou/sou
  • 21view
  • 606文字

コドモのコドモに関連するタグ

コドモのコドモを読んだ人はこんな漫画も読んでいます

コドモのコドモが好きな人におすすめの漫画

ページの先頭へ