氷菓のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

氷菓

4.404.40
映像
4.90
ストーリー
3.90
キャラクター
4.10
声優
4.30
音楽
4.40
感想数
5
観た人
19

氷菓のあらすじ・作品解説

氷菓は、米澤穂信が原作の推理小説、古典部シリーズをもとに西屋太志がキャラクター原案で制作されたアニメ作品。古典部シリーズは角川書店より第5弾まで刊行されている。TOKYO MX、チバテレビ、テレ玉などで2012年4月から9月にかけて放送された。漫画はタスクオーナが作画で、月刊少年エースに2012年3月号より連載され、コミックスが2015年1月までに8巻まで刊行されている。 神山高校1年の折木奉太郎は、面倒なことには巻き込まれたくない「省エネ主義」を貫く。そんな中、姉の供恵の手紙から存続の危機にある古典部への入部を勧められる。特にどの部活へも入部するつもりもない奉太郎は古典部へ入部するのだが、そこで一身上の都合で入部していた、同じ1年の千反田えるに出会う。また友人の福部里志、伊原摩耶花を加え、古典部の活動が始まる。奉太郎はえるの強い好奇心から日常にひそむ様々な不思議に答えを見つることに巻き込まれていく。

氷菓の評価

総合評価
4.404.40
(5件)
映像
4.904.90
ストーリー
3.903.90
キャラクター
4.104.10
声優
4.304.30
音楽
4.404.40

評価分布をもっと見る

氷菓の感想

投稿する

もう1度観たくなる!氷菓に落とし込まれた3つの魅力とは…?

青春学園ストーリーの中でうごめくミステリー氷菓、というタイトルとこのストーリーにどう関連があるのだろうか。と初話を見ていて思った人は少なくないだろう。途中で”氷菓”というタイトルに触れる部分、つまりこの作品最大のナゾとも言える部分。そこに触れる一節がこれである。「I scream. ”私は叫ぶ”」 千反田える1回見た感想は何だこのミステリーもどきは。といった感想。暇ができもう一度氷菓を見て思った。あぁ、なるほど。と。その他にも愚者のエンドロールやクドリャフカの順番など沢山の伏線が回収されていく。その伏線を拾った上でもう1度見るということをして初めて氷菓の良さが分かったような気がした。貴方も是非古典部と一緒にもう一度ナゾトキを体験してみてはいかがだろう。京アニが創り出す綺麗で繊細な世界観この作品、氷菓は京アニこと京都アニメーションが手がけている作品である。作画がとても綺麗で繊細である。正直イラストを見...この感想を読む

4.04.0
  • うりぼううりぼう
  • 152view
  • 2073文字
PICKUP

感想をもっと見る(5件)

氷菓の登場キャラクター

福部里志

よみがな:ふくべさとし 身長:160センチメートル 性別:男性 所属:鏑矢中学校出身の神山高校1年D組 性格:笑ったような表情をいつも崩さない。雑学に長け、現代史から推理小説まで広範な知識を持つことから、自ら「データベース」と自認するが、自分から推論を組み立てるようなことはほとんどしない。 特徴:一般...

折木奉太郎

よみがな:おれきほうたろう 生年月日:4月28日 身長:172センチメートル 性別:「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーにとする省エネ主義者 所属:2年A組 性格:「やらなくてもいいことなら、やらない。やらなければいけないことなら手短に」をモットーにとする省...

千反田える

よみがな:ちたんだえる 年齢(作品時):15 身長:160 性別:女 国籍:日本 住まい:豪農千反田家 性格:物腰穏やかだが、好奇心旺盛 趣味:料理 癖:私、気になります 部活:古典部

キャラをもっと見る(8件)

氷菓の名言

頑張れば何とかなる保証はありませんが、頑張らなければ何ともならない事は保証できます!

千反田える

努力すればなんとかなるとは言えないが、努力をしなければ始まらない

ジョークは即興に限る、禍根を残せば嘘になる

福部里志

その場限りのジョークは面白いがしつこいジョークは面白くない

技術が無い者がいくら情熱を注いでも結果は知れたもの。

入須冬実

技術のない者が情熱をもって行動をしたとしても結果は知れている

名言をもっと見る(13件)

氷菓に関連するタグ

氷菓を観た人はこんなアニメも観ています

氷菓が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ