キャプテンウルトラのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

キャプテンウルトラ

4.504.50
映像
2.00
脚本
2.50
キャスト
3.50
音楽
4.50
演出
1.50
感想数
1
観た人
3

キャプテンウルトラのあらすじ・作品解説

キャプテンウルトラは1967年4月16日から9月24日まで放送された国産初のスペースオペラ作品である。本作はウルトラQ、ウルトラマンに続く第3のウルトラシリーズであり、円谷プロダクションがウルトラマン制作時に撮影が追いつかなくなり放送を打ち切ったことから本格的な特撮番組の制作を目論んだ東映が名乗りを上げて制作された。 舞台は21世紀後半の宇宙開拓時代を迎えた地球であり、宇宙進出をしていく地球人に対して起こる未知の危険に対処していく本郷武彦ことキャプテンウルトラと様々な怪獣や宇宙人との対決を描いたものである。 平均視聴率は25%を超えており当時としては充分なヒットであったといえるがウルトラマンの平均視聴率36%を大きく下回っていたために提供である武田薬品工業からのクレームが入った。 その結果2話短縮の憂き目にあったものの制作した東映はその真摯な製作姿勢を評価され「キイハンター」を制作するに至った。

キャプテンウルトラの評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
2.002.00
脚本
2.502.50
キャスト
3.503.50
音楽
4.504.50
演出
1.501.50

評価分布をもっと見る

キャプテンウルトラの感想

投稿する

最終回の花畑は語りませんよ、だって他に話したいことがあるから

最終回の花畑は語りませんよ、だって他に話したいことが山ほどあるから基本的にこのサイトは見た人が読む、という前提である。本作品「キャプテンウルトラ」を見て、その上でこういうサイトを見る人っていくつかのパターンがあると思う。まず、初見かそうでないかだ。初見なら「超面白かった」か「訳わからんので誰か説明してくれ」のどっちかだろう。次に初見でない場合、これはもう動機としては「幼少のころ見たアレをもう一回見たい」以外にはない。この場合年齢的にかなりのおっさんである。結果として「やっぱり面白かった」か「こんなつまらんモノだったのか」あるいは「面白いけど近隣にいる人に話すには顔から火が出るほど、身もだえするほど恥ずかしい。しかしこの思いを誰でもいいから共有したい」あたりか。本作は最終回のお花畑の映像について「訳わからんので誰か説明してくれ」という記事がネット上にあふれている。なので私はその話はしない...この感想を読む

4.54.5
  • ゆっきーmk-2ゆっきーmk-2
  • 73view
  • 2191文字
PICKUP

キャプテンウルトラに関連するタグ

キャプテンウルトラを観た人はこんなドラマも観ています

キャプテンウルトラが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ