嫌われ松子の一生のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

嫌われ松子の一生

4.504.50
映像
4.00
脚本
4.00
キャスト
5.00
音楽
4.00
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

嫌われ松子の一生のあらすじ・作品解説

嫌われ松子の一生は2006年10月12日から12月21日まで木曜22時~22時45分にTBSで放送されたテレビドラマで、主人公・川尻松子を内山理名でこの作品が「大奥~華の乱~」以来一年ぶりの連続テレビドラマ出演でした。 この作品は内山理名演じる川尻松子がある事件で中学校教師の職を追われ、過酷な運命に翻弄されながらも愛を求めてまっすぐ懸命に生きた姿を描いたミステリーです。原作は映画化、舞台化もしている超人気作品です。 主人公への暴力や主人公へのセクハラの暴力表現が多いにも関わらずPTAや一般視聴者からあまり非難を受けることはありませんでした。その理由としてはこの作品自体の視聴率が低く、あまり話題に上がらなかったためです。しかしテレビドラマ版は映画版よりも原作により忠実で後半にオリジナルストーリーを織り込んだ映画版とはまた一味違った「嫌われ松子の一生」を楽しむことができます。この作品はDVD化もされています。

嫌われ松子の一生の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.004.00
キャスト
5.005.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

嫌われ松子の一生の感想

投稿する

松子の壮絶人生の裏に隠された事実

エリート人生から破滅の人生へと進んでしまう松子の一生ドラマ版の松子を演じているのは内山理名である。彼女の魅力は、素朴な印象と煌びやかな部分が一緒に保たれてそれでいて少し奇妙な怖い印象を持っているところである。松子は、エリートな人生が、ある事をきっかけに破滅へと向かっていくという悲しい人生を送る。彼女自身が悲しい人生だったと感じたかは別として、私が見た限りではやはり悲しい人生だったと思う。最後松子が公園へ捨てたはずの名刺を探しに行く場面は、彼女が前向きに頑張ってみようという気持ちの表れだったのに、公園にいた男達に襲われてしまう。彼女は命を奪われてしまうのです。こんな悲しいことはあるでしょうか。前向きに人生を送ろうと決めたそのすぐ後に、彼女は亡くなってしまうのだ。この時の彼女の気持ちを考えたら、無念としか言えない。どうして彼女はこのような人生になってしまったのか、転落したきっかけとなったの...この感想を読む

4.54.5
  • りかりか
  • 338view
  • 2133文字
PICKUP

嫌われ松子の一生に関連するタグ

嫌われ松子の一生を観た人はこんなドラマも観ています

嫌われ松子の一生が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ