ビブリア古書堂の事件手帖のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

ビブリア古書堂の事件手帖

3.003.00
映像
3.00
脚本
3.00
キャスト
2.50
音楽
2.50
演出
3.00
感想数
1
観た人
3

ビブリア古書堂の事件手帖の評価

総合評価
3.003.00
(1件)
映像
3.003.00
脚本
3.003.00
キャスト
2.502.50
音楽
2.502.50
演出
3.003.00

評価分布をもっと見る

ビブリア古書堂の事件手帖の感想

投稿する

平凡で退屈な内容

三上延のライトミステリー小説が原作。2013年、フジテレビ系の月9ドラマ。北鎌倉の古書店、ビブリア古書堂の若き店主、篠川栞子と体質の問題で本が読めないアルバイト店員、五浦大輔が古書をめぐる謎を解いていくミステリー。この作品の主人公、栞子を演じる剛力彩芽は、原作のイメージとはかなり異なるのが残念だ。清楚でおしとやかな栞子の雰囲気を出そうとしていた、とは言えるが、剛力の現代っぽさがどうしても気になる。ショートカットの髪型がまず違和感を感じるし、メガネもかけていない。原作の栞子ファン泣かせといえる。そのほかキャスティングはまずまず。五浦役のAKIRAに関しては、優しく正義感が強い体育会、というイメージに当てはまる、ほかにいないだろうという抜群な配役。制作側のセンスを感じる。ドラマとしてはいまいちの出来栄え。ストーリー展開にわくわく感がない、勢いがない…退屈な内容となっていた。原作の登場人物の...この感想を読む

3.03.0
  • ayaaya
  • 48view
  • 522文字

ビブリア古書堂の事件手帖に関連するタグ

ビブリア古書堂の事件手帖を観た人はこんなドラマも観ています

ビブリア古書堂の事件手帖が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ