遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~

4.004.00
映像
3.50
脚本
4.00
キャスト
4.00
音楽
4.50
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
4.004.00
キャスト
4.004.00
音楽
4.504.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~の感想

投稿する

自分に置き換えられるドラマ

登場人物の立場や思いに共感東京での就職活動に失敗した主人公が地域おこし協力隊として高知県四万十市で働くという、今の時代を映したようなストーリー。若者達が様々な立場から、自分の今、そして未来を憂いながらも、奮闘する姿に共感することが多かった。過去の栄光を忘れられずに前に進めない悔しさ、大切な人に素直な気持ちを伝えられないもどかしさ、ひとつひとつの思いが自分と重なることが多くて涙が出そうになった場面もあった。そして、大切なことは日々の生活に隠されていて、自分ひとりでは見つけることができないのだとわかった。人とぶつかり、自分の弱さと向き合うことも決して無駄ではなく、むしろ必要なんだと思い知らされた。地方の今が見えるドラマの中で都会で育った主人公が地方ならではの暮らしに戸惑うシーンがあった。何の不自由もなくなったようなこんな時代でも、地方では人と人のつながりは不可欠で、隣の家の人の顔も知らない...この感想を読む

4.04.0
  • ayuuuayuuu
  • 10view
  • 1010文字
PICKUP

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~の登場キャラクター

小平丈太郎

年齢(作品時):28歳 性別:男性 国籍:日本 所属:四万十市役所 性格:おおらかで善良な性格 特徴:役場から貸与された日産キャラバンワゴンで移動する 物語上での目的:高齢者のサポート 職業:四万十市役所臨時職員 出身:栃木県宇都宮市 欠点:物事を真剣に考えられない

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~に関連するタグ

遅咲きのヒマワリ~ボクの人生、リニューアル~が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ