ストロベリーナイトのあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

ストロベリーナイト

4.674.67
映像
3.83
脚本
4.17
キャスト
4.50
音楽
3.83
演出
4.50
感想数
3
観た人
5

ストロベリーナイトのあらすじ・作品解説

『ストロベリーナイト』は、誉田哲也による警察小説シリーズの、姫川玲子シリーズを原作にして放送されたテレビドラマです。フジテレビ系列で、2012年1月10日から3月20日まで、全11回の連続ドラマとして放送されました。 ノンキャリアながら27歳で警部補に昇進した、姫川玲子を竹内結子が演じています。男社会である警察社会の中で、「お嬢ちゃん」と呼ばれながらも、捜査一課姫川班を率いて事件を究明していくストーリーです。2010年11月13日の土曜プレミアムで放送されたものは「ストロベリーナイト」だけでしたが、連続ドラマでは原作小説から『ソウルケイジ』『シンメトリー』『感染遊戯』などより抜粋して放送されました。 土曜プレミアムで放送されたものとはキャスティングが若干異なるものもありますが、大きく変更はありませんでした。姫川玲子だけではなく、姫川班を構成するメンバーも個性豊かです。 このドラマのキャッチコピーは、「アタマの中で、殺人犯が巣食っている」です。

ストロベリーナイトの評価

総合評価
4.674.67
(3件)
映像
3.833.83
脚本
4.174.17
キャスト
4.504.50
音楽
3.833.83
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

ストロベリーナイトの感想

投稿する

心に刻まれる珠玉の刑事ドラマ

猟奇的な事件姫川玲子率いる捜査チームが次々と猟奇的な事件の真相、そして、警察内部の人間模様、刑事それぞれの内面にも同時に迫り、あぶり出す。そして事件そのものにも深く迫り且つその映像も真に近い再現性の高さを求める目のこえた、刑事ドラマ好きにはたまらない作品である。事件1つ1つも猟奇的ななものが多く、映像もグロテスクな描写も多いが、「真に迫る本格さ」を求める者にとってはとてつもなく引き込まれる映像の鮮明さですぐさまその世界観に引き込まれる。真っ二つの死体、腹部を何度も包丁で刺した跡、半分だけ温度の違う死体など、通常の事件とは異なるスタートなのも、視聴者の想像を掻き立てさせる。猟奇的なだけではなく、その事件はどれも複雑に人が絡み合い、容易に推理させない、その鮮やかな展開も映像美と相まって観るものを魅了する。そして、何より面白いのは、犯人そしてその周りの人たちの心情や内面に姫川を始めとする捜査班...この感想を読む

5.05.0
  • もあんもあん
  • 34view
  • 2197文字
PICKUP

こんな切ない刑事ドラマはもう出ない

2時間ほどのスペシャルドラマで放送され、約1年の時を経て連続ドラマでスタート。「ストロベリーナイト」というかわいいタイトルとは真逆の刑事ドラマ。是非ともスペシャルドラマから見て頂きたい。この連続ドラマはその上に成り立っているといっても過言ではない。なぜなら、ストロベリーナイトとはそもそも何かがそこで明らかにされている。狂気に満ちた事件を追って、謎が謎を呼び、裏切りの連続。桐谷健太の殉職、後輩のまさかの裏切り、スペシャルドラマでは脚本、演出が素晴らしい。そうして連続ドラマとして復活をするが、大前提にこの「ストロベリーナイト事件」を知っておくべきだろう。連続ドラマではまずタイトルのセンスに魅かれる。だいたい2週で一つの事件が解決するように構成されていて、まるでサスペンス小説を読み終えた爽快感がある。事件自体は不可解なもの、気持ちの悪いものが中心で思わず眉間に皺を寄せてしまうが、主演竹内結子も一...この感想を読む

4.54.5
  • オドウブツオドウブツ
  • 36view
  • 761文字

衝撃的‼︎

姫川が凄くかっこよくて、興奮ものです。女性なのに、男社会でリーダーで部下を引き連れている感じが本当にカッコイイ。誰もが一度は憧れる女性なんじゃないでしょうか。強気な女性に見えるけど凄く男社会で我慢してる所があって、実は弱いんじゃないかと思います。姫川が女性ということもあって、周りにバカにされてる感じがありますが、姫川班は優秀で周りの人たちをギャフンと言わせるシーンは見てるこっちも「よっしゃ!」という気持ちになります。姫川班の部下達は、周りの男達と違って姫川の事を凄く信頼していて、チームワークが素晴らしい!姫川班は、よく居酒屋さんで作戦会議をしてるのですが、そのシーンでは、笑えるシーンとかもあって、結構緊迫したお話ですが、雰囲気が和んだりしてるので、ずっと見てても楽しいと思えます。それと、やはり、複雑な事件の真相…解決しそうになったら、そうじゃなかったり…展開が想像を越えてくるので、気に...この感想を読む

4.54.5
  • あきしのまるあきしのまる
  • 11view
  • 513文字

ストロベリーナイトの登場キャラクター

姫川玲子

よみがな:ひめかわれいこ 年齢(作品時):30歳 身長:170cm 性別:女 国籍:日本 所属:警視庁捜査一課殺人犯捜査十係姫川班主任 性格:男以上にタフな精神力をもち、上司にも物おじしない 特技:オセロ 愛用品:エルメスのバッグ・赤いオータクロア 階級:警部補 視力:両目とも2.0

今泉春男

よみがな:いまいずみはるお 年齢(作品時):44歳 性別:男性 国籍:日本 所属:警視庁捜査一課殺人犯捜査十係 特徴:玲子の上司 価値観:玲子の捜査能力を高く評価している 物語上での目的:所轄勤務だった玲子を周囲の反対を押し切って捜査一課に呼んだ 階級:警部 役職:係長

井岡博満

よみがな:いおかひろみつ 年齢(作品時):42歳 性別:男性 国籍:日本 所属:蒲田南署強行犯捜査係 性格:マイペース 特徴:独身 価値観:玲子に好意を持っている 方言:インチキ関西弁 階級:巡査部長

キャラをもっと見る(7件)

ストロベリーナイトの名言

自分の行動に責任もとれないようなガキが、生意気なこと言ってんじゃないわよ!

姫川玲子

容疑者の女子高生に対して姫川の怒りがのぼりつめるシーン

ストロベリーナイトに関連するタグ

ストロベリーナイトを観た人はこんなドラマも観ています

ストロベリーナイトが好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ