女帝のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

女帝

4.504.50
映像
4.00
脚本
4.50
キャスト
4.00
音楽
4.00
演出
4.50
感想数
1
観た人
1

女帝の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.504.50
キャスト
4.004.00
音楽
4.004.00
演出
4.504.50

評価分布をもっと見る

女帝の感想

投稿する

若さと無知は無敵「女帝」になるための復習劇

復習を決心「女帝」は銀座でホステスをして這い上がっていく、1人の女性をえがいたお話です。熊本で暮らしていた身寄りの無い女子高生が母の死をきっかけに大阪に行き、女帝になるために必死で努力をしお店のナンバー1になります。その後、銀座に拠点を移し女帝に登りつめて行きます。ここまで女子高生を「女帝になる」と思わせたきっかけは、復習心です。恨み、妬みで殺人までも起きる世の中で、その怒りや込み上げる感情を自分自身のベースアップへと矛先を向けることは本当に素晴らしいです。近年の若者は闘争心やプライドという感情から遠のいている傾向でありここまで目的を明確に持ち、自分の体までも犠牲にできる根性には圧倒されます。そこまで本気で何かにのめり込み目的に向って走り続けることができるなんて羨ましいとさえ感じさせられます。若さと無知は無敵これは女子高生、ティンネイジャーだからこそ成し告げられたことでしょう。というのも...この感想を読む

4.54.5
  • wMwM
  • 10view
  • 3073文字
PICKUP

女帝の登場キャラクター

立花彩香

よみがな:たちばなあやか 年齢(作品時):18歳 性別:女 住まい:熊本 家族構成:母一人 性格:優等生 物語上での目的:女を武器に男たちの上に君臨する女帝になる 実家:スナック 最初の店:CLUBエレガンス 高校の時のボーイフレンド:杉野謙一

立花彩花

女帝の名言

のしあがっちゃるけん。

立花彩花

18歳で親を亡くし、父親に復讐をするために水商売の道に入った主人公。 夜の世界で起きる苦境のときに主人公が言う台詞。

女帝に関連するタグ

女帝を観た人はこんなドラマも観ています

女帝が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ