たったひとつの恋のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,143件

たったひとつの恋

4.254.25
映像
3.50
脚本
4.50
キャスト
3.75
音楽
3.50
演出
4.25
感想数
2
観た人
2

たったひとつの恋のあらすじ・作品解説

たったひとつの恋とは2006年10月14日から12月16日まで日本テレビ系列で毎週土曜日夜9時から放送されていたドラマである。 横浜の大手ジュエリーショップの娘であるナオと、かたや傾きかけた工場の息子のヒロトがひょんなことから出会い恋に落ちるラブストーリーである。神奈川県横浜市を主な舞台にロマンティックな街並みの中、現代版ロミオとジュリエットのようなふたりのたったひとつの恋が描かれた。主人公ヒロトを人気アイドルグループKAT-TUNの亀梨和也が演じ、この作品が単独初主演ドラマとなった。また主題歌もKAT-TUNの「僕らの街で」が使用されている。ヒロインはドラマ「世界の中心で愛をさけぶ」など多くのドラマや映画で活躍中の女優綾瀬はるかが演じている。 「ビューティフルライフ」や「オレンジデイズ」などこれまでにも数多くの人気ドラマの脚本を手掛けてきた人気脚本家北川悦吏子が脚本を手掛けている点も注目ポイントある。

たったひとつの恋の評価

総合評価
4.254.25
(2件)
映像
3.503.50
脚本
4.504.50
キャスト
3.753.75
音楽
3.503.50
演出
4.254.25

評価分布をもっと見る

たったひとつの恋の感想

投稿する

運命は残酷かつ幸福

たったひとつの恋は、自分が今まで見たドラマの中では、上位に入る名作です。主人公の弘人と奈緒の段々と深まっていく恋心が当時上映されてた時はまだ自分は高校生であり、たまらなく刺激を受けたのを覚えています。また、亀梨和也、綾瀬はるかは当時ものすごい人気と反響を誇っており2人とも自分は大ファンであったので見入ってしまいました。弘人の実家は貧しく、奈緒の実家はお金持ちこの、身分の差を埋めるべくお互い深まっていた最中、弘人の母親は金に目がくらみ奈緒の実家に脅迫するシーンなど、当時、確か同じような事件が報道されていたのを覚えています。現在でも、このような事件は聞くに絶えないほど報道されていますね。そんな世界情勢を入れつつなおかつ、恋愛ものとしても完璧に進行していたこの作品は当時は面白いだけでみていた作品ですが、今思うと脚本の凄さに鳥肌がたちます。お互いの勘違いと家族同士のトラブルから何年かたち奈緒は結...この感想を読む

4.54.5
  • kzm1515kzm1515
  • 12view
  • 650文字

ストーリー展開とそれぞれの役の個性、横浜の街が見事に融合し、ハマること間違いなしのドラマ

「ロングバケーション」や「ビューティフルライフ」の名作を生みだした北川悦吏子さんのドラマであったので、毎週土曜日に注目して見ていました。造船工場を継いだ青年と全国展開するジュエリーショップの令嬢の恋を描いた作品であり、横浜が舞台となっています。亀梨和也と綾瀬はるかが主演で、亀梨和也演じる弘人が役にハマっています。ジュエリーショップの令嬢である菜緒 (綾瀬はるか) と造船工場の青年 弘人 (亀梨和也)とのラブストーリーという簡単な内容でありますが、家族の反対など障害にぶつかりながらも愛を育んでいく二人の姿にぐいぐい引き込まれていきます。ストーリー展開とそれぞれの役の個性、横浜の街が見事に融合し、ハマること間違いなしのドラマです。私が今でも印象的に目に焼き付いているシーンは、菜緒の高級高層マンションのベランダからお祭りによくあるオレンジ色に発光する景品を眺めている弘人。心の通い合いをとてもきれいに...この感想を読む

4.04.0
  • vaiobookvaiobook
  • 6view
  • 513文字

たったひとつの恋に関連するタグ

たったひとつの恋を観た人はこんなドラマも観ています

たったひとつの恋が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ