赤い糸のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,145件

赤い糸

4.504.50
映像
4.00
脚本
4.50
キャスト
5.00
音楽
4.00
演出
4.00
感想数
1
観た人
1

赤い糸のあらすじ・作品解説

赤い糸は2008年12月6日から2009年2月28日にかけてCX系列にて放送されたドラマである。 2006年7月下旬に「魔法の図書館」ランキングに初登場した本作品の原作は8月1日にランキング1位を獲得し、18日間連続ナンバーワンを記録した。2008年12月20日には映画化された作品である。 原作者:メイ、脚本:渡辺千穂、プロデューサー:森安彩、企画:関谷正征・種田義彦、演出:村上正典・川村泰祐、音楽:菅野祐悟が担当。 物語は、中学2年生のときに出会い、さまざまな困難がありながらも運命の「赤い糸」を信じて乗り越えていく切ないラブストーリーである。 恋に一途でピュアな主人公芽衣を2006年にデビューした南沢奈央、相手役のアツシは、「2006年JUNONスーパーボーイ・コンテスト」にてグランプリを受賞した溝端淳平が演じている。他の出演者には、木村了・岡本玲・石橋杏奈・桜庭ななみ・柳下大・鈴木かすみ・田島亮らが出演している。

赤い糸の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
4.004.00
脚本
4.504.50
キャスト
5.005.00
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

赤い糸の感想

投稿する

別れ

この作品は社会問題であるDV、薬物、教育、人間関係などを取り上げています。多くのことを題材にしていると何が主張したいのかよくわからなくなりがちですが、この作品は主張したい筋は通っていて、私はそれに心を打たれました。この作品が主張したいもの。それは「別れ」だと思います。それを登場人物たちが教えてくれました。彼らは皆、別れを経験することで強く成長しています。まず最初に沙羅との別れ。沙羅の記憶から芽依たちの記憶は消えたが、芽依たちの記憶には沙羅は生き続けている。沙羅との別れがめいたちにとって「人は人の記憶の中で生き続ける」ということを教えてくれました。次にタカちゃんとの永遠の別れ。しかしタカちゃんはまるで自分が死ぬことを予知していたかのように芽依にちゃんと残していきました。「自分を信じろ」と。俺のことはいいから芽依は幸せになる道を選べ。芽依のことを本当に好きだったタカちゃんだったからこそ言える...この感想を読む

4.54.5
  • まみ。、まみ。、
  • 2view
  • 577文字

赤い糸に関連するタグ

赤い糸が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ