サラリーマン金太郎のあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,469件

サラリーマン金太郎

4.104.10
映像
4.00
ストーリー
4.50
キャラクター
4.20
声優
4.00
音楽
3.80
感想数
1
観た人
2

サラリーマン金太郎のあらすじ・作品解説

サラリーマン金太郎は2001年2月18日から2001年3月18日までBSi(TBS)で全20話放送されたアニメ番組である。DVDも発売されている。 原作は週刊ヤングジャンプに連載されていた本宮ひろ志の同名漫画であり、1999年から2004年は高橋克典主演でテレビドラマ化と1999年11月に映画化、2008年から2010年にかけては永井大主演でドラマ化もされている。 元暴走族「八州連合」のヘッドで漁師の矢島金太郎は事故で漂流していた大和建設の会長・大和守之助を救ったのがきっかけで上京し、山都建設に見習社員として入社する。サラリーマンの枠にとらわれない金太郎の大胆な行動に徐々に周囲も影響され、天下りしてきた社長から守之助会長を退陣から救うために山都建設の社員たちが動き始めるというストーリー展開である。 放送された回によってはアニメのオリジナルシーンが一部含まれている。 エンディング曲の作曲は小比類巻かおるが担当していた。 パチスロやiモードアプリ、モバゲー用アプリとしても採用されている。

サラリーマン金太郎の評価

総合評価
4.104.10
(1件)
映像
4.004.00
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.204.20
声優
4.004.00
音楽
3.803.80

評価分布をもっと見る

サラリーマン金太郎の感想

投稿する

金太郎は、日本人の理想のサラリーマンか?

「失われた20年」の突入期に衝撃的な登場「サラリーマン金太郎」は、1990年代半ばに週刊ヤングジャンプに連載がスタートし、何年か間を置きながらも同誌でシリーズ形式で連載を続けてきた。アニメとしては2001年にBS-iで20話だけ放送されたに過ぎなかったが、主人公矢島金太郎のインパクトのあるキャラクターから、多くのビジネスパーソンから愛されたキャラクターに違いない。かくいう私も、サラリーマン金太郎を知ったのはまだ学生時代で、ストーリーに描かれているビジネス背景を詳しく知っていたわけではなかったが、そのキャラクターから大企業や権威者などに立ち向かう姿には憧れを抱いた。このような破天荒なサラリーマンは実際にはいないだろうと思いつつ、自分の将来のビジネスパーソン像を金太郎に重ね合わせていた。同じような読者は多かったのではないだろうか。当時の日本の経済情勢、社会背景を振り返ると、バブルが崩壊し、連載がスタートし...この感想を読む

4.14.1
  • coooneyzcoooneyz
  • 138view
  • 2107文字
PICKUP

サラリーマン金太郎の登場キャラクター

矢島金太郎

伊郷龍蔵

篠塚洋子

キャラをもっと見る(6件)

サラリーマン金太郎の名言

私は会社と…恋愛がしたい。

矢島金太郎

新入社員でも役員会を見学したいという金ちゃんの発言に対して、役員に理由を聞かれた際の一言。

仕事は創作だ ハッタリと空想と実行から生まれる!!

矢島金太郎

金太郎がヤマト建設のリストラ社員を集め、ベンチャー企業を起こしました。 その会社の朝会での一コマです。

あんたの息子さん。 人並みの事をやらないって事は 人並み以上かもしんねいだろう。

矢島金太郎

気性が荒くまともにレースも出来ない競走馬「ダイゴ」。そのレースを見に来た金ちゃんが、たまたま隣り合わせた出来損ないの息子の姿にダイゴを重ねる中年男性に向かって言った一言。

名言をもっと見る(20件)

サラリーマン金太郎に関連するタグ

サラリーマン金太郎が好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ