シティーハンターのあらすじ/作品解説

理解が深まるアニメレビューサイト

アニメレビュー数 2,466件

シティーハンター

4.674.67
映像
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.00
声優
4.33
音楽
4.50
感想数
3
観た人
5

シティーハンターのあらすじ・作品解説

シティーハンターは、1987年4月6日から1988年3月28日にかけてよみうりテレビ発・日本テレビ系列にて放送された、監督こだま兼嗣、原作北条司によるハードボイルドアニメ作品の大人気作品である。 この作品は、探偵から用心棒やスパイなど伝説のスイーパー(悪党掃除人)として、裏社会に広く知られる主人公の冴羽りょうがパートナーの香とともに難事件を解決していく。困難な仕事が依頼されるとき、いつも新宿駅東口の伝言板に依頼としての暗号「XYZ」が書かれ、危険な仕事と物語が展開されていく。 1988年4月2日から1989年7月1日は『2』、1989年10月15日から1990年1月21日は『3』、1991年4月28日から1991年10月10日は『'91』としてじつに4度もテレビアニメ化され、その後も3度もテレビアニメスペシャルが放送された。 1989年6月17日には劇場版として『シティーハンター 愛と宿命のマグナム (L&D)』も公開された。

シティーハンターの評価

総合評価
4.674.67
(3件)
映像
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.004.00
声優
4.334.33
音楽
4.504.50

評価分布をもっと見る

シティーハンターの感想

投稿する

ちよっと大人になった気持ちになりました

これ、アニソン?一番最初に驚いたのは、なんと言ってもアニソンとは思えないお洒落なOPとEDです。当時、まだ小学校を卒業した私にとってはもの凄い衝撃でした。もちろん、『キャッツアイ』などもアニソンとは思えない程お洒落だったのですが、『シティーハンター』の場合、「大人の男」という感じだったのです。OPの、「愛よ消えないで」を歌っていた小比類巻かほるさんは、その時既に「HoldOnMe」が大ヒットしていた実力派で、高音の中にある力強さが作品にピッタリでした。その華やかな映像と同時に流れて来た彼女の歌声に私の目は釘付けでした。そして、EDである「Getwild」は当時ほとんど知られていなかったTMNETWORKが歌っていて、小室哲哉さんがシンセサイザーを操る姿にはかなり驚きました。そして、この「Getwild」は現在でも多くの方がカラオケで歌っている程の大ヒット曲となりました。更に、アニメのOPとEDが同時にトップ10入りするという、当時...この感想を読む

5.05.0
  • yukiyukiyukiyuki
  • 38view
  • 1989文字
PICKUP

槙村と…北斗の拳トキが重なるのは私だけ?

正義感が強く、穏やかなイメージで華奢なキャラクター設定がトキっぽく感じてしまうんですよ。槙村が死んでしまうのは、非常に衝撃を受けました。子ども向けアニメで、主人公のパートナーがこんなに早く死んでしまうんだ…と思いました。確かに彼自身はそんなに強いキャラクター設定ではないのですけど。良い人物だっただけに、生きて欲しいという気持ちが強く、死んでしまったことに憤りを感じましたね。死んだことになってるけど、実は生き永らえていました~とか、そんなオチなのか?と思っていました。しかしこの作品では彼が死んでしまうことは、起承転結でいえば「起」にあたるんですよね。凄く複雑ですよね。北斗の拳でもトキは死にそうで死なないですからね。思い返してみると、彼は最初から死ぬことが決まっていたキャラクターだったんですよね。でもあまりに善人で優しかっただけに気持ちは複雑です。そんな複雑なスタートをするシティーハンター...この感想を読む

5.05.0
  • つくもつくも
  • 9view
  • 583文字

殺し屋+もっこり+純愛=華の90年代へようこそ

アニメ版ならではのよさを考えたとき、ことシティーハンターにおいては豪華声優陣以上に真っ先に浮かぶのがオープニングであろう。TMnetworkのget wildといえばシティーハンター、シティーハンターといえばget wild。オープニングだけでも高揚を抑えられずにはいられない。そして第一話の冒頭、殺し屋・䝤としての才を光らせ、何も知らない視聴者が観れば、あの時代に似合ういい男感を漂わせ、魅了されること間違いない。しかしながら我々ファンが好きなのは、その”クールな殺し屋・冴羽䝤”モードと、あの80後半-90年代独特のギャグ”もっこり䝤ちゃん”のギャップである。依頼人の女性が現れる度に”もっこり”ギャグを披露。もれなく美樹のハンマーで殴られる画もセット。近年のアニメ界においてはあのいい意味で”健全なエロ”のギャグが減ってきているように感じ、さみしさすら覚えてしまう。しかしシティーハンターは絶対に欠かすようなことはない。...この感想を読む

4.04.0
  • yhayashidayhayashida
  • 9view
  • 661文字

シティーハンターの登場キャラクター

槇村香

よみがな:まきむらかおり 生年月日:1965年3月31日 身長:168cm 性別:女 国籍:日本 住まい:東京都新宿区、冴羽獠と同居 性格:男まさり ポリシー:冴羽獠のパートナー 価値観:正義感が強い 特技:100トンハンマー トラウマ:兄の死

伊集院隼人

よみがな:いじゅういんはやと ニックネーム:海坊主、ファルコン 身長:200cm超え 所属:喫茶キャッツアイ 性格:寡黙で朴訥としている ポリシー:サングラスを外さない 特徴:猫と女性が苦手 価値観:仕事はきっちりこなす 趣味:トラップを仕掛ける 特技:バズーカや機関銃などの重火器(M60など)を使った攻撃 癖:美樹...

野上冴子

よみがな:のがみさえこ ニックネーム:冴子、警視庁の女狐 性別:女 国籍:日本 所属:警視庁 性格:正義感が強い ポリシー:仕事一筋 特徴:太ももや足首に仕込んだ投げナイフでの攻撃 価値観:仕事のためには手段を選ばない 趣味:自分より弱い男には興味はない 特技:もっこりで獠に仕事を依頼

キャラをもっと見る(7件)

シティーハンターの名言

悪魔に魂を売る気はない!! 悪魔はドブネズミにおとる!!

槇村秀幸

悪の大組織の一員に向かって秀幸が放った言葉。

君はヘタなのに皮をむいてくれたからな この一所懸命なぶん 愛情の味がしてうまいよ!!

伊集院隼人

看護婦がリンゴをむくが、不器用で芯だけになってしまった。 でも冴羽はそれをうまい!と言って食べる時の一言。

おれは愛する者のために何がなんでも生きのびる!! それがおれの愛し方だ!!

冴羽獠

主人公に恨みをもつ敵が、主人公の恋人を人質にとり、銃の撃ち合いになった時、主人公が言いはなったセリフ。

名言をもっと見る(6件)

シティーハンターに関連するタグ

シティーハンターを観た人はこんなアニメも観ています

シティーハンターが好きな人におすすめのアニメ

ページの先頭へ