封神演義のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

封神演義

4.504.50
文章力
4.50
ストーリー
4.50
キャラクター
4.60
設定
4.30
演出
4.30
感想数
1
読んだ人
1

封神演義の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
文章力
4.504.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
4.604.60
設定
4.304.30
演出
4.304.30

評価分布をもっと見る

封神演義の感想

投稿する

封神演義を読んで考えさせられたこと

太公望の妻になった馬氏は賢い人だった地上に降りた太公望は、馬氏と言う名のお婆さんと夫婦になります。68歳なので美貌はやや衰えていますが、料理の技術は一流で結婚式の際の料理を作っていました。中国の小説は不思議と、老いて益々盛ん、と言った言葉が似合う人物が何人か登場します。もしかすると、老いても若い者に負けずに頑張れるということを伝えているのかもしれません。素晴らしい考えなので、見習いたいものです。そして馬氏は、「なんでもいいから商売をして銭を稼げ」と言って太公望の尻を叩きました。これは現代にも通じる部分なので、数千年前からこうした思想が確立しているのはすごいと感じました。貨幣経済は日本でも古くから行われていることですが、それでもまだ歴史は浅い方です。中国4千年の歴史という言葉がありますが、文化として成り立っているので、言い過ぎではなさそうです。ただ、崑崙長寿薬については、内容がせこかったせい...この感想を読む

4.54.5
  • wakinositawakinosita
  • 50view
  • 2004文字
PICKUP

封神演義に関連するタグ

封神演義を読んだ人はこんな小説も読んでいます

封神演義が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ