FBI心理分析官のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,321件

FBI心理分析官

4.004.00
文章力
3.50
ストーリー
4.50
キャラクター
3.50
設定
4.50
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

FBI心理分析官のあらすじ・作品解説

FBI心理分析官は、FBI行動科学課に所属しプロファイラーとして約20年もの間、全米を震撼させた残虐事件の犯人と対峙したロバート・K・レスラーの手記であり、123万部を越えたベストセラーである。多くの異常殺人者から語られた生々しいインタビューの貴重な記録は、犯罪を行動科学的に分析して犯人の人物像と背景を推理するプロファイリング捜査の確立に大きく貢献した。 33人もの少年を殺し地下室に埋めた殺人ピエロ、ジョン・ゲイシー。17人を絞殺し、その死体を屍姦した後切断、アパートの冷蔵庫に詰め込んでいたジェフリー・ダーマー。ハンサムで知的な外面を装い、多くの女性を冷酷無比に殺したテッド・バンディなど、本書では1960年から1980年にかけて事件を起こしたシリアルキラー約20人の常軌を逸した犯行の手口と行動、生い立ちなどを聞き取り、それらから推論される心理分析が収録されている。またこれらのプロファイルは、多くのドラマや映画にも取り上げられている。

FBI心理分析官の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
4.504.50
キャラクター
3.503.50
設定
4.504.50
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

FBI心理分析官の感想

投稿する

FBI心理分析官に関連するタグ

FBI心理分析官を読んだ人はこんな小説も読んでいます

FBI心理分析官が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ