攣哀感情のあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,368件

攣哀感情

4.004.00
文章力
3.50
ストーリー
4.00
キャラクター
4.00
設定
4.00
演出
4.00
感想数
1
読んだ人
1

攣哀感情の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
文章力
3.503.50
ストーリー
4.004.00
キャラクター
4.004.00
設定
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

攣哀感情の感想

投稿する

優しさも程度あり

二重螺旋シリーズの3作目。篠宮家の家庭崩壊事情が世間に知られることになったきっかけの、高校生連続暴行事件の被害者、尚人の後輩野上への対応の話。よくまあここまで読者をムカつかせる表現ができるなあと、感心します。主人公の尚人のしなやかさ、強さ、透明さが際立つほど、周りのエゴがみえてきて、なさそうでありそうな現代の人間・事件がそのまま重なってきます。BLだし、Hもありますが、はっきり言ってあんまりそこは読んでて楽しくないので、すっとばします。何故っていつもワンパターンだからです。実の兄雅紀と弟尚人の禁断の関係、これはすごく好きな組み合わせなんで、雅紀が嫉妬するとかべたべたに可愛がるとか、まーちゃんかっこいいとかってノリのエピソードはもっと入れてほしいけど、Hシーンはねえ。はっきり下手です。さて話を戻して、被害者同士だしと学校サイドに頼まれて野上にアドバイスしていくうちに、野上が尚人に依存していっ...この感想を読む

4.04.0
  • ゆかのんかゆかのんか
  • 55view
  • 670文字

攣哀感情に関連するタグ

攣哀感情を読んだ人はこんな小説も読んでいます

攣哀感情が好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ