陰日向に咲くのあらすじ/作品解説

理解が深まる小説レビューサイト

小説レビュー数 3,320件

陰日向に咲く

3.203.20
文章力
3.70
ストーリー
3.40
キャラクター
3.40
設定
4.00
演出
4.30
感想数
5
読んだ人
13

陰日向に咲くのあらすじ・作品解説

陰日向に咲くは、2006年に幻冬舎から出版された、太田プロ所属のお笑い芸人劇団ひとりの小説である。劇団ひとりは、この小説で作家デビューを果たした。また、この小説は「お笑いタレントが本気で書いた小説」として、話題と注目を集めた。 大ボラ吹きで有名なホームレス「モーゼ」に感化され、自らもホームレスになった元サラリーマンや、売れないアイドルを応援し続ける青年、合コンで知り合った男性に弄ばれる女子大生、借金に困った挙句に「オレオレ詐欺」に手を染める青年、売れない芸人と彼を売れっ子芸人にするためにコンビを組む女性など、社会的に陽の当たらない人々を描いたオムニバス形式となっているが、作中でそれぞれの登場人物が少しずつ接点を持っているように描かれている。 この小説が話題となり、後に平川雄一朗が監督を務め、映画化され、2008年に公開されたが、この映画化をめぐって、数十社もの会社が争奪戦を繰り広げるほどであった。

陰日向に咲くの評価

総合評価
3.203.20
(5件)
文章力
3.703.70
ストーリー
3.403.40
キャラクター
3.403.40
設定
4.004.00
演出
4.304.30

評価分布をもっと見る

陰日向に咲くの感想

投稿する

感想をもっと見る(5件)

陰日向に咲くに関連するタグ

陰日向に咲くを読んだ人はこんな小説も読んでいます

陰日向に咲くが好きな人におすすめの小説

ページの先頭へ