ショパン 愛と哀しみの旋律のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ショパン 愛と哀しみの旋律

4.504.50
映像
3.50
脚本
4.00
キャスト
5.00
音楽
5.00
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

ショパン 愛と哀しみの旋律の評価

総合評価
4.504.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
4.004.00
キャスト
5.005.00
音楽
5.005.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

ショパン 愛と哀しみの旋律の感想

投稿する

ショパンはジョルジュ・サンドのツバメちゃん  生きていくんだ金が要る

ポーランド映画もがんばっています、私が始めて見たポーランド映画はこの作品でした。ピアノ音の詩人と歌われるショパンの活動を描いてますが、なんともこれ、今時の芸能界的なお話でほろりとしてしまいます。音楽家や芸術家は力を持った者に贔屓にならないと、人の眼に触れないと言う悲しい運命の元に生息しています。絢爛豪華と思うショパンやリストの懐事情が垣間見られる、覗き見の楽しさがある作品です。この映画は「食い物の恨みは恐ろしい」とこれに尽きるでしょう。そして、金を持った女は男遊びをします、これがメッセージです。せっせとお金を作れるようになって、この境地を迎えたいと願う筆者です。ポーランドで父親から厳しいしつけで音楽を叩き込まれて、成人してパリにやってきたショパン。彼は男前だったので、年上の女流作家のジョルジュ・サンドのツバメちゃんになります。ポーランドでがんばって腕をあげて、パリで売り出す、パリは大き...この感想を読む

4.54.5
  • 臾豈臾豈
  • 48view
  • 557文字

ショパン 愛と哀しみの旋律に関連するタグ

ショパン 愛と哀しみの旋律を観た人はこんな映画も観ています

ショパン 愛と哀しみの旋律が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ