ハート・ロッカーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

ハート・ロッカー

4.254.25
映像
4.50
脚本
4.50
キャスト
4.25
音楽
3.50
演出
3.75
感想数
2
観た人
2

ハート・ロッカーの評価

総合評価
4.254.25
(2件)
映像
4.504.50
脚本
4.504.50
キャスト
4.254.25
音楽
3.503.50
演出
3.753.75

評価分布をもっと見る

ハート・ロッカーの感想

投稿する

『ハート・ロッカー』のレビュー

殺す側と殺される側の論理ポスト3・11で何をどう表現するかということは、多くの「作家」の共通のテーマであるが、そのような流れで園子温も「ヒミズ」という映画をああいう映画にしてしまった。しかしそこには、場当たり的なやっつけ感と、それでもこんな感じで派手にしとけば一定の市場に打って出られるという打算ばかりが透けて見えて、正直だいぶキツい映画だった。結構昔に、本多勝一が「殺す側の論理」と「殺される側の論理」という二冊の本を書いている。僕はつねに、こういう相対的な、というかそれぞれ側の視点を丁寧に読み解きながらものごとを考えたいなと思ってきている。本作は、徹頭徹尾「殺す側」の苦悩の極限状態を描いている。もちろん、この物語の主人公、爆弾処理のエキスパートは、具体的には殺さない。むしろ、自らを死の危険性に晒してまでも、無益な死を少しでも減らそうと日夜奮闘している人間だ。しかし、イラク派兵という「正義」...この感想を読む

4.54.5
  • ちとるちとる
  • 87view
  • 2034文字
PICKUP

緊張感

●あらすじイラク映画をテーマに、爆弾処理班をクローズアップした戦争映画です。若者の戦争への「死」と直面した、葛藤を描いており、鑑賞者が戦場にいたら感じるであろう、「リアル」を直に感じる事が出来ます。デートや家族で観る映画でもないですし、笑いや感動を得ることは、皆無に等しいですが、サスペンス映画を見ているかのような臨場感や、ノンフィクションや実話映画が好きな方には、オススメできる映画です。●展開開始早々から、現場で爆弾処理最中に、敵の遠隔操作で仲間が亡くなり、悲しみを感じる暇もなく、映画は続いていきます。爆弾を処理する際に、爆発はしないのか?うまく処理出来るか?処理中に攻撃されないか?を同時に意識して観ると、緊張感が自ずと湧いてきます。3人のチームで爆弾処理班で構成されていますが、後から合流してくる1人のメンバーがトラブルメーカーです。リーダーの指示には従わないし、自らの経験や、自らのや...この感想を読む

4.04.0
  • YUYA34YUYA34
  • 71view
  • 628文字

ハート・ロッカーに関連するタグ

ハート・ロッカーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ