ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の評価/評判

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の評価

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人についての評価と各項目の評価分布を表示しています。実際に映画を観たレビュアーによる評価が11件掲載中です。

総合評価
4.454.45
(11件)
映像
4.504.50
脚本
4.454.45
キャスト
4.504.50
音楽
4.454.45
演出
4.504.50

各項目の評価分布

総合評価

4.454.45
5.0
4
4.5-4.9
5
4.0-4.5
0
3.5-3.9
2
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

映像

4.504.50
5.0
5
4.5-4.9
5
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
1
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

脚本

4.454.45
5.0
5
4.5-4.9
4
4.0-4.5
0
3.5-3.9
1
3.0-3.4
1
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

キャスト

4.504.50
5.0
4
4.5-4.9
6
4.0-4.5
0
3.5-3.9
1
3.0-3.4
0
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

音楽

4.454.45
5.0
5
4.5-4.9
4
4.0-4.5
0
3.5-3.9
1
3.0-3.4
1
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

演出

4.504.50
5.0
5
4.5-4.9
5
4.0-4.5
0
3.5-3.9
0
3.0-3.4
1
2.5-2.9
0
2.0-2.4
0
1.5-1.9
0
1.0-1.4
0

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人の感想

ハリーの父ジェームズ・ポッターとその友人たち

「叫びの屋敷」は友情の屋敷「叫びの屋敷」とはイギリス一怖い幽霊屋敷として有名なところです。満月の夜になると恐ろしい叫び声が聞こえるところからこの屋敷の名前がつけられています。しかし実は幽霊屋敷というのは真っ赤な嘘で、人狼であるルーピン先生が学生のとき満月の夜になると変身してしまうので、ほかの生徒に危害を加えないよう「暴れ柳」の木の下に入り口を作り、狼になっている間隠れる場所としてダンブルドアが用意した屋敷でした。ハリーの父ジェームズたちが、月に一度姿を隠すルーピンを心配してあとをつけたことで、ルーピンが人狼だということが分かり、自分たちもアニメーガスとなって月に一度4人がこの「叫びの屋敷」で夜を過ごしたということです。ダンブルドアはルーピンたちの在校中は3人がアニメーガスになっていたことは知らなかったようです。しかし、「不死鳥の騎士団」で犬になったシリウスがハリーを見送りにキングス・クロ...この感想を読む

5.05.0
  • kilyoukakilyouka
  • 41view
  • 2068文字
PICKUP

感想をもっと見る(11件)

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ