デンジャラス・ビューティーのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,784件

デンジャラス・ビューティーのあらすじ・作品解説

デンジャラス・ビューティーは、2001年にアメリカで制作・公開された、ワーナー・ブラザース配給の映画である。サンドラ・ブロック主演のポリスアクション・コメディで、FBI捜査官が犯罪を食い止めようと奮闘する様子がコミカルに描かれている。 FBI捜査官として仕事一筋の主人公グレイスは、女らしさゼロの男勝りの性格。捜査でミスをしたことで、現場から遠ざけられていたが、連続爆弾魔から、ミスコンテストを狙うという爆破予告があり、一応女性ということでグレイスがミスコンへ潜入捜査をすることに。ミスコン出場者にふさわしい美女に変身するためのレッスンから始まり、実際にコンテストに出場するのだが・・・。 ミスコン出場者達との交流、エリックをはじめとするFBI特別捜査チームや伝説の美容コンサルタントとやり取りなどを通して、主人公が磨かれていく異色のサクセスストーリーでもある。 第58回ゴールデングローブ賞では、コメディ部門の最優秀主演女優賞と、最優秀主題歌賞にノミネートされた。2005には続編が制作された。

デンジャラス・ビューティーの評価

総合評価
4.304.30
(5件)
映像
4.104.10
脚本
4.304.30
キャスト
4.504.50
音楽
4.304.30
演出
4.304.30

評価分布をもっと見る

デンジャラス・ビューティーの感想

投稿する

変身系娯楽作としてはまずます

サンドラ・ブロック扮するFBI女性捜査官が、テロリストからミスコンを守るために奮闘する作品です。役名がグレイシーなんて、格闘技の強い一族と同じ苗字なんて笑ってしまいます。捜査官なので、色気も素っ気もない彼女は、容姿だけでなく話し方や振る舞いもオネエに矯正されるシーンがまた何とも言えません。脱毛テープを思いっきりはがして絶叫することを乗り越えて、グレイシーは実際にミスコンの舞台に立ちます。滞りなくミスコンが終わればいいのですが、果たして・・・・・・。サンドラ・ブロックは、アカデミー賞最優秀主演女優賞と、ラジー賞を同時に受賞するという非常に珍しい経歴の持ち主です。キアヌ・リーブスの「スピード」のヒロインとして有名になりましたが、しっとりしたラブロマンスよりも、本作品のようなアクションコメディがとても似合う女優だと思いました。ダサダサグレイシーから、かっこいいグレイシーになって登場するシーンが一...この感想を読む

3.53.5
  • 黝璽黝璽
  • 103view
  • 463文字

感想をもっと見る(5件)

デンジャラス・ビューティーの登場キャラクター

グレイシー・ハート

ヴィクター・メリング

デンジャラス・ビューティーの名言

忘れないで、笑顔よ。笑顔は勝利を呼んで、しかめっ面は負けを呼ぶの。

ヴィクター・メリング

ミス・アメリカ・コンテストの主催者宛てに連続爆弾魔から爆破予告が届く。FBIはコンテストにグレイシー・ハートを潜入させ捜査することを決める。色気ゼロ、お洒落にも全く関心がない本人は嫌がったが、伝説の美容コンサルタント、ヴィクター・メリングらの美容チームの力で、見事に変身し、ミス・ニュージャージーとして出場する。インタビューの練習を嫌々ながらするグレイシーに、ヴィクターはこう指導する。

実を言うと私もその一人でした。でも実際、参加して、私は気づきました。この女性たちは、頭もよく、とてもすばらしい人たちで、世界に貢献しようとしています。

グレイシー・ハート

ミス・アメリカ・コンテストに連続爆弾魔から爆破予告が届いた。FBIは潜入捜査をすることに決める。嫌々ながら潜入捜査官となったグレイシー・ハートは、コンテストでNo.5まで残る。そして、インタビューで、ミスコンが馬鹿にされていますがどう思うかと尋ねられたグレイシーは、正直に思ったことを答える。

デンジャラス・ビューティーに関連するタグ

デンジャラス・ビューティーが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ