パーフェクト ストームのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

パーフェクト ストームのあらすじ・作品解説

パーフェクトストームは1997年にセバスチャン・ユンガーが実話をもとに執筆した同名小説を映画化した、2000年に製作された海洋パニックアクション映画である。 1991年10月末。マサチューセッツ州の由緒ある港町グロースターにカジキ漁船「アンドレア・ゲイル号」とハンナ・ボーデン号」が帰港する。大漁だったボーデン号に対してゲイル号は不漁だった。不漁続きに悩むゲイル号のベテラン船長のビリーは戻ったばかりのボビー、マーフら総勢6名を説き伏せて再び出港する。だが、いつもの漁場のグランドバンクスでは成果は上がらず、皆は苛立ちを覚える。そこでビリーは皆の反対を押し切り、遠方のフレミッシュ・キャップまで遠征し見事大漁となったのである。しかし帰路についたゲイル号だったが北大西洋でグレイスと名付けられたハリケーンが発生し、さらにノーイースターと呼ばれる嵐も発生する。このノーイースターとハリケーンが融合しさらに巨大な嵐となってゲイル号を襲うのである。

パーフェクト ストームの評価

総合評価
3.753.75
(2件)
映像
4.254.25
脚本
4.254.25
キャスト
3.503.50
音楽
4.004.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

パーフェクト ストームの感想

投稿する

パーフェクト ストームに関連するタグ

パーフェクト ストームが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ