バラ色の選択のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

バラ色の選択のあらすじ・作品解説

『バラ色の選択』(原題:For Love or Money)は1993年10月にアメリカで製作され、ユニバーサルピクチャーにより配給された映画である。 ジャンルはラブコメディで、将来自分のホテルを経営する夢を持つ接客係のダグを演じるのがマイケル・ j・フォックス、彼が想いを寄せる女性役を演じるのがガブリエル・アンウォーである。監督はニューヨーク出身で「アダムス・ファミリー」で監督デビューを果たしたバリー・ソネンフェルドである。 この映画では、優秀なホテルマンダグが夢をかなえるためのスポンサーを探していた際、実業家クリスチャンと知り合い彼の愛人アンディの世話を任される。ところがアンディはダグが以前から想いを寄せていた女性だったことから、アンディへの気持ちと夢の間で揺れ動くダグは次々と悲喜劇を巻き起こしていく。 日本では同年12月28日に公開され、ジェネオン・ユニバーサルからDVDも発売されている。

バラ色の選択の評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

バラ色の選択に関連するタグ

バラ色の選択が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ