ノックは無用のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

ノックは無用のあらすじ・作品解説

ノックは無用は、1952年に製作されたアメリカ映画である。原作は、シャーロット・アームストロングの小説「ノックは無用」。監督は、「暁の出航」「脱走四万キロ」「黒い狼」のロイ・ウォード・ベイカー。脚本は、「暗黒への転落」「地上(ここ)より永遠に」のダニエル・タラダッシュ。音楽は、「紳士は金髪がお好き」「女はそれを我慢できない」のライオネル・ニューマン。出演者は、リチャード・ウィドマーク、マリリン・モンロー、アン・バンクロフト、エライシャ・クック・ジュニア。 マンハッタンのホテルでエレベーターボーイをしているエディを訪ねて、姪のネルがやって来る。ネルは若くて美しい女性であったが、パイロットだった恋人を亡くして以来、精神を病んでしまっていた。エディはネルに客の子供の世話を頼むが、同じホテルにいたパイロットのジェドが、たまたま見かけたネルの美しさに惹かれて部屋にやって来たことから、思わぬ事態に発展していくのだった。 マリリン・モンローが静かな狂気を演じるサスペンスである。

ノックは無用の評価

総合評価
3.503.50
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
4.504.50
音楽
3.503.50
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

ノックは無用の感想

投稿する

ノックは無用に関連するタグ

ノックは無用が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ