アパートメント・ゼロのあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

アパートメント・ゼロ

4.004.00
映像
3.50
脚本
3.50
キャスト
5.00
音楽
4.00
演出
3.50
感想数
1
観た人
1

アパートメント・ゼロのあらすじ・作品解説

マーティン・ドノヴァン監督によるサイコサスペンス映画アパートメント・ゼロは、アルゼンチン、イギリスで制作された作品である。 コリン・ファース演じる主人公エイドリアンは、アルゼンチンで名画座を経営する神経質な青年。エイドリアンは名画座の経営難と病気の母の入院費の為に、独りで住んでいたアパートにルームメートを募集することになった。ルームメート候補者の多くは個性的な人物が多く、選抜に困難を極めていたが、ようやく現れたジャックを気に入り、ルームメートとして受け入れる。 ジャックは外見も良く、人当たりも良いため、アパートの住民にもすぐに受け入れた。だが、人付き合いが苦手なエイドリアンは、ジャックが自分以外の人物と仲良くするのが面白くなかった。そんな中、二人の関係が崩れていくある秘密が暴かれていき、平和であったアパートは突如として地獄のような惨劇が巻き起こせる。ルームメートを気軽に行う若者達を恐怖に陥れたサイコ映画である。

アパートメント・ゼロの評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
3.503.50
キャスト
5.005.00
音楽
4.004.00
演出
3.503.50

評価分布をもっと見る

アパートメント・ゼロの感想

投稿する

アパートメント・ゼロに関連するタグ

アパートメント・ゼロが好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ