僕だけがいない街のあらすじ/作品解説

理解が深まる映画レビューサイト

映画レビュー数 5,735件

僕だけがいない街

0.000.00
映像
0.00
脚本
0.00
キャスト
0.00
音楽
0.00
演出
0.00
感想数
0
観た人
0

僕だけがいない街の評価

総合評価
0.000.00
(0件)
映像
0.000.00
脚本
0.000.00
キャスト
0.000.00
音楽
0.000.00
演出
0.000.00

僕だけがいない街の登場キャラクター

雛月加代

生年月日:1977年3月2日 星座:魚座 性別:女 国籍:日本 性格:卑屈 特徴:母子家庭で貧乏 特技:オセロやトランプが強い 口癖:バカなの? 出身:北海道 関係性:小学校時代の悟のクラスメイト

藤沼佐知子

ニックネーム:悟曰く「妖怪」 年齢(作品時):52歳 国籍:日本 住まい:北海道 特徴:夫と悟が赤子の時に別れ、女で一つで育てた 癖:「冗談に決まってるべさ」 トラウマ:1988年に起きた連続誘拐殺人事件 関係性:悟の母 職業:元テレビ石狩の報道部アナウンサー 見た目:周囲が悟の姉と見間違える程、若々しい

片桐愛梨

ニックネーム:愛梨 年齢(作品時):17歳 性別:女 国籍:日本 性格:快活で人見知りしないオープンな性格 特徴:素直に物を言う 一人称:あたし 周囲からの印象:距離感が掴めない人 関係性:悟のバイト先の後輩である女子高生 将来の夢:写真家

キャラをもっと見る(4件)

僕だけがいない街の名言

私は私だけがいなくなった街のことを考えると気持ちが軽くなる。 遠く、遠くへ行きたい

雛月加代

夜空の星をバックに大きな木を見ると、それはクリスマスツリーに見えた。 その、自然が作り出したクリスマスツリーをまっすぐ見つめる加代を見ている時に、加代のかいた文集の一節を主人公が思い出すシーン。 誰でも一度は思っことがあるようなよくある一節だが、虐待を受ける、まだほんの子供の文章だと思うと切なくなる。そんな主人公の気持ちが伝わってくる

僕だけがいない街に関連するタグ

僕だけがいない街が好きな人におすすめの映画

ページの先頭へ