永遠の仔のあらすじ/作品解説

理解が深まるドラマレビューサイト

ドラマレビュー数 1,147件

永遠の仔

4.004.00
映像
3.50
脚本
4.00
キャスト
5.00
音楽
3.00
演出
4.00
感想数
1
観た人
2

永遠の仔のあらすじ・作品解説

永遠の仔は、YTVが制作し日本テレビ系列にて2000/04/10~2000/06/26まで放送された全12話のテレビドラマである。 天童荒太が1999年3月に発表した同名長編小説を原作とし脚本を中島丈博が担当、久坂優希を中谷美紀(子供時代を邑野三亜)、長谷笙一郎(モウル)を渡辺篤郎(子供時代を勝地涼)、有沢梁平(ジラフ)を椎名桔平(子供時代を浅利陽介)がそれぞれ演じた。 児童虐待をテーマとしたミステリードラマで、傷を負った3人が他者に心を開くまでを描いている他、3人の子供時代の虐待場面や精神的な傷から生じる言動などの演出が注目された。 優希は父から性的虐待を受け、笙一郎は母のネグレクト、梁平は母から身体的虐待を受けていた。 1981年、心に傷を負った3人は瀬戸内海に浮かぶ小島の精神病棟で出会い、院内学級で過ごすのだが、優希の父・久坂雄作(古尾谷雅人)の滑落死をきっかけに別々となってしまう。 3人が社会人として生活していたある日、偶然再会したことをきっかけに、再び「事件」が発生するのであった。

永遠の仔の評価

総合評価
4.004.00
(1件)
映像
3.503.50
脚本
4.004.00
キャスト
5.005.00
音楽
3.003.00
演出
4.004.00

評価分布をもっと見る

永遠の仔の感想

投稿する

愛は難しい。

三つ子の魂百までは本当のことだ。子どものころの体験は、人生の上でとても重要だ。特に、苦しく悲しいことはや辛いこと恥ずかしかったこと等、自分にとって不利益だったことはずっと心に残っている。もちろん、楽しかったことや嬉しかったことも残っているが、不利益だったことに比べるとその比率は少ないと言える。ものすごく辛かったことはその後の人生の価値観や性格にまで影響を及ぼす。子どものころに寂しかった人は、ずっと寂しい。だから、人が恋しくて、その距離感の測り方がわからない。独占欲丸出しで束縛してしまうことや、近づかれることがいやで孤立してしまう人もいる。子どものころの喜びや苦しみは大体は親から与えられる。きちんと可愛がってもらえれば、社会人としてしっかり自立した大人になれる可能性は高くなるが、過剰に可愛がられれば親離れに苦しみ、依頼心の高い大人になるかもしれない。または、親の過干渉がうっとうしくて、親...この感想を読む

4.04.0
  • amachibiamachibi
  • 430view
  • 2180文字
PICKUP

永遠の仔に関連するタグ

永遠の仔を観た人はこんなドラマも観ています

永遠の仔が好きな人におすすめのドラマ

ページの先頭へ